さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

タグ:時事 ( 159 ) タグの人気記事

United Individuals against Sweatshops

労働する諸個人の人権に対する威し。
「たかの友梨」による公益通報者への不利益取り扱い・不当労働行為への抗議の記者会見が多数のメディアに取り上げられました。: エステ・ユニオン
大手エステ内部通報者を詰問か 保護申し立て NHKニュース
たかの友梨:通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告 - 毎日新聞
「組合活動、社長が圧力」 「たかの友梨」巡り申し立て:朝日新聞デジタル

このたかのという人がここで登場するのは、宇宙の元素を私たちとともに共有しあう自然体としてではなく、生産諸関係によって内容を与えられた演技者としてであり、その許されたアドリブが、動物への愛でも優しさでもなく、搾取という内容にストレートだったからです。

この演技者の裏で集合し発動する社会的労働の諸力は、この人物の脳に対してこの人物そのものに癒着して現れ、権力の不当な行使を招いています。資本としての社会的労働の諸力は、結集する労働する諸個人の正当な行為を冒涜であるかのように彼女に語らせることによって、矛盾を表出してます。社会的労働の諸力は、企業においては、社長の単なる延長、社長が自由に処分できるような私物としてではなく、社会的に規制されるべき社会的なものとして形成されているからです。

彼女は労働法を批判することにより労働法に収まらない資本の行動を演じてみせ、社会的生産過程においては社会的理性の法律ではなく彼女自身が国家であると絶対主義をなぞることで、資本という転倒を社会的理性の前に晒してみせています。

「すき家」で第三者委員会の報告書が出たんですね。
「すき家」労働環境改善のための調査報告書受領について | ゼンショー ZENSHO
それでも「すき家」は店を出す | 外食 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
「すき家」の労働実態報告/“人間らしく働きたい” 若者の願いに応えるか

もうウィキペディアではこの報告に関する記述が書き加えられています。
ゼンショー - Wikipedia

6割でワンオペ。社会的労働の生産力の発展が利潤のための人間削減として実現する転倒を如実に表しています。正社員が「マネージャー」や「スーパーバイザー」という内部での名称を与えられているのも労働者の自己疎外を象徴しています。ちなみに社長の持ち株比率は現時点でウィキペディアによると2.44%。

社会貢献活動 | 企業情報 | ゼンショー ZENSHO
企業理念 | 企業情報 | ゼンショー ZENSHO
交換価値の私的自己関係(増殖)は、私的所有に排除された労働者を結合し、流通の私的自己関係の内部に社会的生産手段と社会的労働の体系を創出します。一方では、私的利潤追求のためには社会的に貢献している姿を示さねばならず、他方では、内部の社会に対しては労働力というモノの結合と消費として対応し続けています。しかし内部もまた私たちの社会なのであり、社会的に規制されねばなりません。「飢餓と貧困を撲滅する」ことを掲げた民主的企業も資本主義的内実に浸食されていたのでした。
by kamiyam_y | 2014-09-01 20:52 | 企業の力と労働する諸個人

Anti Racism

マリノス事件から発信もはやい。
Jリーグ - Jリーグチェアマン 村井満の“アディショナルタイム” 「差別問題について思うこと」
差別撲滅は、Jリーグが自覚する社会的使命。

東京新聞:自民、国会デモ規制検討 政権批判封じの疑念:政治(TOKYO Web)
ヘイトスピーチ規制法による規制の危険性が露骨。差別を憎む尊い感情だけではなく、「言葉の暴力は表現の自由の外」などと単純化して分ったふりをしないような冷静な知性が求められています。自民党政調会長のいう「秩序ある表現の自由」は「秩序」に力点がある国家主義的主張です。保守政権による理論武装・検討ですから、おそらく官邸前デモを抑えたい、靖国批判をも封殺したいという復古主義者の観念的私的利害を救えるように研究してくるんでしょう。
by kamiyam_y | 2014-08-31 21:12

生の破壊

12万5千人にいまだに避難生活を強いている原発事故。東電に4900万円の賠償を命じた判決。まともで画期的。
東京新聞:原発避難「うつで自殺」 東電に賠償命令 福島地裁:社会(TOKYO Web)

自殺までの経緯に原発の本質がつまっています。
「自殺と原発事故に因果関係」東電に賠償命令 NHKニュース

自己の親しんだ世界を突如奪われる苦しみ、自己を引き裂かれ、自己を略奪される悲劇。
自分の畑、自分の家畜、自分の家が自分から切り離され死ぬこと、地域の人間関係が枯れ果てること、自分を囲んでいた美しい風景から切断されることは、その人の生を絶望的に狭めてしまいます。

長時間労働を促進する反労働者的法解体をめざす蓄積欲求に対して縛りを外してはなりません。前回の安倍政権が企んで失敗したホワイトカラー・エグゼンプションですから、今回も断固阻止を。
【ホワイトカラー・エグゼンプション】 第1次安倍政権でも検討したが、「過労死促進」などの批判を浴びて断念した経緯があるいわく付きの制度 : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)
新労働時間制度:過労死遺族、導入中止を申し入れ - 毎日新聞

無論誰の目にも明らかなとおり、労働者総体が「創造的な働き」を求めて労働時間規制を取り払えと要求したことなどありません。労働力を買う側の長時間使用の権利を「創造的」と称しているだけであり、買う側の「自由」は実態としては労働者の自己の生産手段からの自由(分離)、労働者が他人の手中にある自己の社会的生産体系によって過労死する自由にすぎません。
by kamiyam_y | 2014-08-27 19:29 | 民主主義と日本社会

チョムスキーという権威

極めて悪質な煽動。こういうデマを拡散する連中は、関東大震災のときには虐殺に荷担したにちがいない。
広島土砂災害:空き巣で外国人犯罪の情報ない 広島県警 - 毎日新聞

これは二度観ました。アマゾンで昔ながらに暮す民ピダハンの言葉を習得した米国の言語学者のドキュメンタリー。彼は宣教のためにピダハンのなかに入るのですが、信仰なしにすでに幸福である人々と接するなかで自分の活動の意味を疑うようになり、信仰を捨て言語学者として活躍するようになります。
地球ドラマチック「ピダハン 謎の言語を操るアマゾンの民」 - NHK
ピダハン:みすず書房
ピダハンは現在を幸せに生きるがゆえにその文法に時制がない。数える必要がないので、数字もない。言語がいかに社会的総体性の分肢であるかが分ります。

ピダハンは接続詞をもたないため、文章を無限に伸ばしてくリカージョンをしない。この事実は、すべての言語にはリカージョンがあるとするチョムスキーの普遍文法論を覆すものであり、彼の発表した論文が言語学のパラダイムにかかわる論争を引きおこす。

驚いたのは、チョムスキーが人類には普遍的な文法が遺伝子レベルで存在すると主張していることでした。いろんな研究分野から批判されるべきでしょう。言語が生得的だの、本能だのって。チョムスキーってちゃんと読んだことはなく、あくまでもこの番組が伝えようとしていた内容を私が理解しまとめてるかぎりで批評してるだけですけど。

単にばかげた説というのではなく、ポストモダン的現代思想の欠陥がこのチョムスキーを貫いているように思えます。多様な人間性の発生根拠を言語に求めるのか、労働に求めるのかという分水嶺がここで浮かび上がります。労働する個人こそが、社会的総体性を自己の連関に包摂し、社会的総体性を前提して意識の実在性である言語という契機が存立する。これが解答。遺伝子に文法をスライドさせるのはほとんど血液型性格判断でしょう。
by kamiyam_y | 2014-08-26 22:38 | 学問一般

Regulation of Hate Speech

日本の現行の法律の内部で、日本の今ある法律的手段を使って、ヘイトスピーチに対抗する方法を教えてくれます。
ヘイトスピーチ、在特会など提訴 在日朝鮮人女性:朝日新聞デジタル

悪意に満ちた掲示板まとめサイトも法的手段で制裁されます。当然の正義。
時事ドットコム:在日女性、在特会を提訴=「差別表現で苦痛」-大阪地裁

オリンピックを控え東京都知事が首相に国による規制を求め、自民党も検討チームを立ち上げる運びに。オリンピックで海外からの観光客に対して排外主義者による嫌がらせが起きたりすれば東京都・日本の大恥になるというだけではありません。今後本格化する労働力の国際移動に対してもしっかりした準備をする必要がある、多様な新移民の迎え入れ体制を整える必要がある、という点が規制の法的整備を推進する際の大義でしょう。
時事ドットコム:安倍首相、日韓改善に意欲=ヘイトスピーチ対策検討
ヘイトスピーチ規制へ自民、議員立法を検討 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ヘイトスピーチ規制法をつくる方向に進んでいます。奇怪な街宣やネット上の醜い書き込みに興じる差別主義者に対して厳しい制裁を加えたいという規制法賛成論者の心情に人類の尊い精神が存在していることに間違いはなく、私もこういう連中を撲滅したいという心情を共有します。しかし、法務省に慎重な声があるという通り、問題をはらんだ法整備になる危険性があります。拙速な規制法づくりには反対ですが、つくるのであればせめて表現規制に対する慎重論が反映されたましな法にしなければならないと大変まずいと思います。

差別されるマイノリティの定義自体そもそも流動的ですから、技術的に難しいところが多大にありましょう。法律の対象としては、例えば、学問的な様式に則った戦争神社=靖国論という批評の形態をとらずに、信心に対する軽蔑的表現や、日本人総体に対する侮蔑的表現を用いて首相の参拝を批判をすることも、日米安保反対論において合衆国人総体を敵視し見下し罵倒する口調も、その範囲内となりえます。差別する側への批判を意図しているとしても法律の形式的対象としては差別主義者の発言と区別して救出することは困難でしょう。レイシズムを押さえるためにはそれもやむなしとしてそのうえで闘うべきなのでしょうか。表現の自由も人民主権も理解しない首相が推進しているのですから危険性大でしょう。
by kamiyam_y | 2014-08-18 23:39

Towards A World Without Racism

先週書いたこと(「万国の正義」 )に1点補足。フランスとドイツは普仏戦争、第一次、第二次世界大戦と欧州内部で戦争を行ったわけですが、戦後の道程を経てEU統合を実現した現在、欧州内で両国間の戦争が行われることはありえません。労働、商品、資本が生みだすその有機的環境としての世界経済が高度化し、世界的な諸制度が形成され、諸個人の社会もまた国境を越えて実体化しつつあることを忘れてはならないと思います。

当然の釈放ではありますが、よかったです。
全国のみなさんの支援に感謝し、男組は差別のない世の中を目指し、これからも歩み続ける

人種差別撤廃条約において世界に向けて差別撤廃を宣言している日本社会なのですから、そのための闘いは褒められこそすれ、警察・検察に阻止される筋合いのものではないし、国家機構が自ら条約を踏みにじるなどということはあってはならない。

無知と野蛮を笑い飛ばせ。この項目笑えました。
凡どどラジオ辞典
by kamiyam_y | 2014-07-29 07:45

万国の正義 International justice

なぜ私たち全人類は愚かな戦闘を繰り返すのでしょうか?私は怒りと悲しみと絶望によって身体を引き裂かれる思いがします。

エンゲルスは1870年11月に、普仏戦争に対する時評で次のようにドイツ軍の蛮行を徹底的に批判しました。フランス人民の抵抗を怖れるドイツ軍は、「フランス軍を援助する町や村」を「ことごとく」焼き払ったが、1870年にこうした古風な無差別な「掃滅」は通用しない。かつて人民の抵抗を組織したプロイセンが、こんどは、フランス人民の抵抗を「匪賊行為」とみなして殺戮するのか、と。「民間人もしくはだれにせよ本来正規兵と認められない者の介入は匪賊行為と同一であり、人と剣をもって鎮圧してもよいかと主張しても、とうていとおるまい」と(「フランス国内の戦闘」『マルクス=エンゲルス全集』第17巻、大月書店)。

「下劣な交戦方法」は21世紀においてもまだ存在し、しかもそれは銃殺ではなく、ロケット弾による集中爆撃なのです。

労働者階級の生命力を、憎しみの連鎖を拡大する血の海に注ぎ込むことは人類最大の不幸です。

マルクスはインターナショナルでの呼びかけで、「フランスの労働者の声に、ドイツからこだまがかえってきた」と書いています。ドイツの労働者は「民族的敵対という考えを拒否して」、その大衆集会において「われわれは、あらゆる戦争の敵である」という決議を表明し、戦争に反対したのでした(「フランス=プロイセン戦争についての国際労働者協会総評議会の第1の呼びかけ」同上書)。

人間個人のかけがえのない命を国家権力が支配し消尽する不幸をなくしていく原動力は、人々の、まさに国境を越えた友愛と団結以外には絶対にありえません。
by kamiyam_y | 2014-07-21 20:14 | 現代グローバリゼーション

Anti Facist Movement in Japan

やっぱ若者多かったんだ。
TOKYO DEMOCRACY CREW (TOKYO_DEMOCRACY)さんはTwitterを使っています
TOKYO DEMOCRACY CREW - 集団的自衛権閣議決定断固反対 - 超緊急首相官邸前抗議
ほんと「デモより怖いのは戦争」だぜ。

あるいはそのことがわからないことだぜ。

軍事的支配体制の一環の負担という幻想的共同性が特異な全体主義的脳味噌を介して、戦争放棄の世界的公共性と日本の国益を否定して憲法を否定するクーデターを引き起こしたので、私の周りの若者もほとんど批判的。
by kamiyam_y | 2014-07-01 23:27

Big Love

宗教国家という共同体的人間を守ろうとする措置ですかね。近代国家は国家的宗教あるいは宗教国家の軛からの国家共同社会の解放として諸個人を自由な諸個人として解放し、この解放は政治において封建的領主による排他的差別的所有のごとき私的所有を廃止すること(すなわち、万人の自由平等)であり、この解放は私的所有を政治的国家という民主主義ではなくその経済的実体である市民社会においてその完成に向わせます。宗教も、私的所有という分裂における連帯にいわば格下げされます。私的所有物に、物象的連関に、孤立的主体の選択の対象となった共同性に宗教的隷属は落下しますので、人間解放の主たる対象ではなくなります。宗教的国家は世界市民にとって1つの恣意として現れるほかないはずです。
サウジアラビア:外国人も「日中は飲食控えて」…断食月 - 毎日新聞

めっちゃ面白い。3年前に40で亡くなったREI HARAKAMIに触れつつ、Living Togehterを説明してます。埋め込んであるyanokamiちょっと泣けるかも。
凡どどラジオ辞典
by kamiyam_y | 2014-06-30 04:19

全体主義が拡大する地点

「新人警官の訓練のため」ってひでえな。

http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/6279

『週刊プレイボーイ』も「風営法」によるあいつぐクラブ摘発を批判(第42号・2012年10月15日号、30-33頁)。グレーゾーンを用いた支配からグレーゾーンを摘発する支配への転換の動きにおいて、「スナック」も「アイドル」の「ヲタ芸」も、あらゆる業界が摘発対象化しているという危機を訴えています。市民の一部に発生してくる不安感を共犯関係的に利用しながら権力の権益拡大が、狙い撃ちしやすいところから進行してしまう。

問題圏の正確な理解はこれらの記事の前提となっている磯部涼編著『踊ってはいけない国、日本-風営法問題と過剰規制される社会』(河出書房新社、2012年)

京都市長選の中村候補と「素人の乱」の松本哉が脱原発のトークイベントで顔を合わせたのがきっかけで始まった「ダンス規制反対運動」については『日本の科学者』(日本科学者会議、2012年9月号)掲載の木原隆「2012年京都市長選挙とダンス規制反対運動」など。
by kamiyam_y | 2012-10-18 23:57 | 民主主義と日本社会