さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スミスの交換価値あるいはスミスによる突破と挫折

『国富論』第1編は、いってみればまあ労働から商品へとちょっとマルクスの思考めいて話が進みまして、労働の生産力を向上させる労働の分割を取りあげてから交換価値を検討する流れですね。視点が作業場内の分業から市場を介した社会的分業へと移動し、商品と商品との一対一の交換の制限を突破する交換用具として貨幣の発生を論じた次に商品の交換価値を課題に。

スミスは物の使用価値に対し、交換物の「相対価格」として〈交換価値〉を区別し、この交換価値の真の尺度を労働に見いだします。豊かさは生活手段の享受力にあり、それは他人の労働に依存している、ゆえに「支配しうる労働」「購買する労働の量」が貧富を規定する、交換主体にとって交換価値はその商品によって購買・支配できる労働の量に等しい、というようなかんじで。

第6章(水田洋監訳・杉山忠平訳、岩波書店、2000年、91頁以下)でのスミスは2つの段階区分によってその価値論を構成します。まず「社会の初期未開の状態」。ここでは「貯えの蓄積」「土地の占有」がまだなく、労働者は「労働の全生産物」を自分のものにする状態。ビーヴァー1頭と鹿2頭の交換の例を挙げ、スミスはこの時代「さまざまな物を獲得するのに必要な労働の量のあいだの割合」が交換を規制すると考察。商品が購買する労働の量を、交換価値を規制するのは「商品の獲得あるいは生産に通常使用される労働の量」にほかならないとします。

これに対して「改良された社会」、文明的時代では、貯えをその手中に蓄積する個人が登場し、彼は他人である労働者を雇うのにそれを用いるようになり、資本所有者として「貯えの利潤」を得るようになるとします。「職人が原料につけ加える価値」は賃金と利潤とに「分解する」のであって、資本所有者はその所有に比例した利潤を「期待」し、「商品の価格において、貯えの利潤は労働の賃金とはまったくことなる構成部分となり、まったくことなる原理によって規制される」ようになると論じられてます。

スミスはさらに、土地の私的所有においても、労働者は「採取する許可にたいして支払わねばならず、彼の労働が収集または生産するものの一部を地主に引きわたさなければならない」と書きます。土地所有者が労働者に地代を要求し、これも価格の「構成部分」になっていく。こうして価格は賃金・利潤・地代に分解し、賃金・利潤・地代が価格に「構成部分としてはいりこむ」とスミスは捉えていくわけです。

労働の生産物のすべてが労働者の取得するものであった過去に対して、「改良された社会」では資本家と地主もこの分割部分を手に入れることになる。いわば価格のすべてが賃金だった状態から価格の中身が賃金・利潤・地代になる。労働者の加える価値は賃金を超えて、利潤と地代に分解する。こうして利潤も地代も労働者の労働の産物から取得するもの。いいのかなあ、これって正当な承認を得られるのかなあ。たしかに分解部分の取得が価格を構成する前提とされ、労働の対象化である価値の分解部分が価格を構成する独立の原理とされてしまうことは価値源泉をあいまいにします。とはいえ、ここでは労働の産物が資本家と地主の手に配分されていることも明らかじゃないのかな。原料に加える価値が賃金と利潤に分解するって剰余価値論でねえか。労働の生産力の増大があってこのような事態が生じるので資本家と地主が労働者の生存に必要な部分を超える生産を独自の私的所有としてもまいっか的な見方もありえるとしても、価値源泉を労働に見いだすのはラディカルにならざるをえない。ここでは利潤も地代もその発生を労働生産物に対する、あるいは労働の加えた価値に対する分配請求の発生として追想・叙述されていますよね。でもまた賃金・利潤・地代がそれぞれ仮象的に原理化すれば神秘化へと転換するのであって、スミスにおいて労働価値論は三位一体的幻想に連なるあいまいさを孕むものとなったともいえそうですわな。

第2編序論と第1章をみてみましょう。「未開状態の社会」では交換は「めったに行われず」すべて自給自足で貯えを蓄積しない。分業によって他人の労働に依存するようになると自分の生産物を完成し販売するまでに「彼の生活を維持し」「材料と道具」を供給しうる貯えstockが「前提」されることになる。貯えを数日分でなく何年分ももつなら、その人はそれを直接消費する部分だけでなく「収入をもたらすと期待する貯え」としても用いる、これが資本。というような流れでスミスは説明してます。

未開の状態は交換がほとんどないと捉えながらも、交換価値の根拠を未開の交換を想定して求めるのは、スミスにおいては人間一般における交換の性向が想定されており、彼においては人間とはまさに他者を排除する私的な交換する人間だからであって、生まれたばかりの産業資本はスミスというその姿において資本の細胞活動である商品交換がもたらす人間の孤立と利己的振舞、交換を人間に本来的なものとして表明しているのである、とでもいえましょうかね。資本主義による封建的秩序の解体を背景に、スミスは封建的共同体的人間を非人間として、共同体なき孤立した諸個人を人間一般として描き出す。スミスは富を貿易に求める重商主義を批判し、富の源泉を労働に求め、富を諸個人の生活手段と捉え、いわば平凡な諸個人の主体性を再発見したともいえるわけですが、これもこうした制約のもとで、資本主義的生産関係の生成において実現したのだといえそう。

商品生産から切り離しては分業の存在しないスミスにとって、社会的総労働の共同体的存在様式と商品生産的存在様式とは区別されず、商品流通がなくても複雑な分業社会をなすような共同体的生産は視野に入ってきません。未開状態はそのまま交換の発展、商品流通、利潤追求へと移行していきます。勤勉に生産・生活諸手段を貯える行為から資本家の発生を導くスミス的本源的蓄積論においては、孤立した交換する諸個人というブルジョア的アトムが普遍的な労働する諸個人から分離しておらず、資本という社会的形態が生産手段という自然的基礎に癒着して現れています。

ヒュームやスコットランド啓蒙の問題意識を受け継ぐスミスがホッブズやロックの社会契約説の知的延長上にあり、スミスの理論的作業が封建的諸権力を解除した市民たちの自律的社会のありかたを根拠づける営みのなかで労働する諸個人による社会形成を把捉していったのだとすれば、スミスとは社会総体を批判的に捉えるポリティカルエコノミーにまで脱皮した社会契約説、自由な個人による社会形成の理論としての社会契約説から出発して社会総体の労働にもとづく把握へと転回・成長しようとした社会科学であるということができましょう。スミスの本体は、原子論と未分化な労働価値論であり、社会契約説において遂行された労働価値論であり、アトミズムの制約によって姿を現し成長した労働価値論であり、市民革命的問題設定という外皮のもとに培われた労働にもとづく社会把握・ポリティカルエコノミーにほかならないと一応まとめておきます。
by kamiyam_y | 2013-05-25 04:20 | 資本主義System(資本論)

フィジオクラシーphysiocracy:F.ケネーFrançois Quesnayの「経済表」Tableau Économique

ケネーですけど、「労働は富の父」で有名なウィリアム・ペティと少し似てます。平民から政治権力の中枢へ。医学から経済学political economy(社会経済学)へ。自然と労働に由来するものとしての社会的再生産の把握へ。古典派の創始者の一人として。あっ、マルクスが言ったのはイギリスはペティ、フランスはボアギュベールだった。リカードとシスモンディで終る古典派経済学(『経済学批判』MEW.Bd.13, S37.)

ペティは服屋の息子で軍に入り、いろいろあって解剖学教授となってクロムウェル軍の医者になります。地主階級の一員になっちゃう俗物。「まったく浮薄な一外科軍医」(『経済学批判』杉本俊郎訳、大月書店)。ではありますが彼の試みは社会経済学を切りひらいたもの。労働を基準に国民経済全体の生産を計測しようとしました。統計学の元祖としての「政治算術」ですね。社会を再生産過程の通過においてトータルなものとして捉えようとしたならばそれはまさしくpolitical economyといえよう、ってかんじですな。

重農主義(フィジオクラシー)の指導者フランソワ・ケネー(1694-1774)の「経済表」も自己再生産する社会システムを表象しうる興味深い著作です。

ケネーは外科医として活躍し、ポンパドゥール夫人、ブルジョア出身でルイ15世の寵姫となりヴォルテールの友人でもあったこの知的な美女に使える侍医としてヴェルサイユに。ここで啓蒙主義知識人ディドロなどと交友を深めます。常識的なこと並べてみました。

貧農に生れた彼の問題意識は農業にもとづく再生産を破壊している旧体制に向けられてます。1756年に『百科全書』に「借地農」を執筆した彼が乗り越えようとしたのは、農民が犠牲にされて荒廃した絶対主義下のフランス社会。工業品輸出のために穀物価格を抑え、農民に重税を課した重商主義政策に対して、彼が対置したのは、穀物輸出自由化による適正な価格の実現(資本蓄積を可能とする「良価」)と農民への重税の廃止(新村聡「市場経済の発展と古典派経済学」八木紀一郎・新村聡・中村達也・井上義朗『経済学の歴史』有斐閣、2001年、21-22頁)なのでした。

「経済表」は1758年に最初のものが作成され、1763年、1767年と改訂されます。岩波文庫の訳書をみると、収められているのは第1版の図式、第2版の全部、「経済表の分析」「重要事項」「農業国の経済的統治の一般原則」です(ケネー『経済表』戸田正雄・増井健一訳、岩波書店、1933年)

では第1版の表からと思ったのですが、これは眺めておしまい。図も文字も細かすぎるので。2本の直線が中央で交差しては両端で折り返し菱形を重ねていく図も細かいですけど、この図の両サイドにある説明もまた活字がルビみたいに小さくて虫眼鏡がないと読めません。

で、「経済表の分析」という論文が完成型の「範式」を含んでいてこれを読むのがよいかと。「農業国民の年支出の分配に関する経済表の算術的範式の分析」と始まり、階級区分の説明がなされます。ケネーもまた後のリカード同様三大階級区分ですが、中身は異なっており、リカードは地主・資本家・労働者。確立した資本主義を反映してます。対して、ケネーは耕作者、領主、商工業者。経済表的に述べれば、生産階級classe productive、地主階級classe des propriétaires、不生産階級classe stérile。国民のこの階級分割は、十分に発達した資本主義的階級分化ではありません。

このなかで唯一生産的なのは生産階級すなわち耕作者とされます。生産階級の売上が「国民の富の年再生産の価値」を規定するとされてます。土地=自然こそが富の起点ってわけです。農業という形に限定されているとはいえ、この労働の発見は、重商主義に対して大きな社会認識の前進です。

地主階級は10分の1税を徴収する教会、地主、主権者(国王)を含み、生産階級のもたらす「純収益」によって暮す。不生産的階級は農業以外の従事者からなるすべての人民、商工業者。加工する人たち。でも生産的でない。「純収益」を生産するのは農民としての生産階級です。純収益すなわち〈剰余価値〉をつかんだ、しかしまだ農業という形に限定された姿で、ともいえるし、農業という限定された形に着目して剰余価値をつかんだ、ともいえる。

「経済表」が示す世界は「農業が最高度に発達」している「1つの大きな王国」での再生産であり、そこでは農業が毎年50億フランの価値を再生産するとされます。「経済表」は三大階級のもとでの富を配置を記し、階級間の「取引」を分析し、年々の再生産を表現していきます。

生産階級は「年前払」20億を用いて、50億を生産。

「年前払」20億は生産階級が「耕作労働」のために行う毎年の支出です。種子やら食糧。

これに対して「原前払」と呼ばれるものは、耕作に要する「創設の資本」「経営資本」を指します。これは「修復」を要し、また「大厄災に対処するため」の「予備」が必要であり、こうした費用を「原前払の利子」と呼びます。「前払」ってのは要するに資本投下のことで、「年前払」は原材料など1年ごとに回転する流動資本を指し、「原前払」は用具などに投下される固定資本部分を表現する、と読み込んでもいいでしょう。100億の原前払があってこれは全面更新に10年かかり、年にその10分の1ずつかかる。この流れの部分を「利子」と呼び「原前払の利子」が毎年10億回収されなきゃならんってわけ。

地主階級は20億の収入。生産階級が納める地代に由来。剰余価値の形態ですな。消費されるだけの部分。貨幣20億が国王・教会などが消尽する消費資料(生産・不生産両階級の産物)に支出される。

不生産階級は10億の前払。貨幣資本として準備されています。

ということで、50億の価値の「生産物」と30億の貨幣が存在しています。

「範式」(1767)に手を入れ簡略化してみました(図を局面ごとにばらして並べ貨幣の還流を矢印で示したりしたものもつくりましたが、5本の線に番号を振って説明すればやっぱり足りるのでアップはやめときます)

番号を照らしあわせつつご覧ください。

c0064668_19275738.gif


①生産階級が生産物10億を地主階級に売る。地主階級の手に、消費すべき農産物。貨幣10億が地主階級から生産階級に。
②生産階級が生産物10億を不生産階級に売る。不生産階級はこれを工作物の原料とする。貨幣10億が不生産階級から生産階級の手中に。
③地主階級は不生産階級から工作物10億を買う。地主が消費する消費手段が彼らのもとに。不生産階級の手に10億の貨幣。
④不生産階級は地主階級が支出したこの10億の貨幣を生産階級に折り返し、生産階級から生産物を買う。不生産階級内に、消費すべき農産物。
⑤生産階級は30億販売しその手中に30億の貨幣をもつが、そのうち20億を地主に対価なく地代として収める。残り10億は不生産階級の手に渡し、彼らから工作物(労働手段)を買い入れ固定資本(原前払)の補填。不生産階級は10億の貨幣で「前払の回復」。ふたたび10億の貨幣形態の元本。

こうしてもとに戻りました。ちょっと感動しますね。1枚の静止した表はこうして私たちに立体的に循環を表象させています。

最後の結果において最初の状態に回帰し、終着点が出発点となる再生産。これこそ時間的空間的変化放散を否定して自己を維持する社会システムの本体です。

かくのごとくに「生産物が価値・素材の両面から、いかに補填されつつ、再生産=物的、階級的双方の生産条件の再生がおこなわれるか」(藤田勝治郎「ケネーの経済表」『世界の古典名著』自由國民社、2001年、99頁)を「経済表」は提示したといえそう。

5本の線によって生産物の流通が示され、3部門間での総生産物の素材的補填関係が、価値の制約のもと成立した。階級関係の再生産でもある社会的再生産を縛る条件が5本の流れを介して示された、とでもいえましょうか。

生産階級の価値額50億「年回収」は、(原前払利子10+年前払20)+純収益20。生産物の素材形態としては、地主向け10(①)、不生産階級向け原料10(②)、不生産階級向け農産物(生活手段)10(④)、生産階級内20。不生産階級の工作物は、生産階級の原前払利子に充てられる工作物10(⑤)、地主向け工作物10(③)。不生産階級は生産階級から農生産物10を買い消費し、貨幣10を次年度前払に残す。

「経済表」の「意義と限界」は、屋嘉宗彦『新版 マルクス経済学と近代経済学』(青木書店、2003年、34-37頁「経済表の意義と限界」)など参照して下さい。

----追記--------------
補足をしました(>「経済表」(ケネー)6/17)。
by kamiyam_y | 2013-05-15 03:26 | 資本主義System(資本論)

最低な中傷

姑息な改憲論に反対であることはいうまでないですけど、安倍氏がヘイトスピーチ批判をしたのは興味深い展開。

朝日新聞デジタル:他国を中傷、自分たち辱めている 安倍首相、ヘイトスピーチに言及 参院予算委 - ニュース

いかに全体主義・軍国主義的思想の持主であるとしても、自由民主主義を謳う政党や国家のトップであればレイシストを批判するのは当然。厳しく対処する姿勢を国際社会に対しても示さねばならないし。差別主義排外主義ヘイトスピーカーネトウヨは断じて私の同類などではないのだと宣言したといってもよく、こういう言葉を引きだすのも重要。

朝日新聞デジタル:ヘイトスピーチ「憂慮に堪えない」 谷垣法相 - 社会

現政権も公然と否定する以外ない。正義に反する愚劣な行いは真に軽蔑すべき対象であり、われらが社会の「品格」を大いに傷つけるあってはならない反倫理的行為だから。

-------

差別主義・排外主義が「気持ち悪い」「気分悪い」「許せない」「人間の屑中の屑」「日本の恥」「世界の恥」「治療すべき社会病理」「自分の弱さに向きあわず他者攻撃で自分を維持しようとする悲しい病理」、差別主義を「人間を愛するがゆえに憎む」「民主国家日本を愛するがゆえに憎む」「日本のよき文化等々を愛するがゆえに憎む」「世界のために国際機関・政府・自治体による民主的政策を重視するがゆえに憎む」「世界の諸人民の人権にもとづく解放を願うゆえに憎む」等々と思う人は、12日の蒲田・川崎に。
by kamiyam_y | 2013-05-10 04:33 | 民主主義と日本社会

To strange lucidity




c0064668_17115553.jpg

c0064668_1712112.jpg


Ricoh GXR・GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
by kamiyam_y | 2013-05-06 23:58