さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

自由のための不自由

トヨタの利潤率が高いことになんの疑問も抱かず喜ぶばかりでは、人権も民主主義も発展しない。

Google 検索:

asahi.comhttp://www.asahi.com/national/update/1201/NGY200711300006.html

トヨタ元社員は「過労死」、遺族側勝訴 名古屋地裁 - 社会

トヨタ自動車の堤工場(愛知県豊田市)に勤めていた内野健一さん(当時30)が02年に急死したのは過重な労働が原因で、労災を認めず、療養補償給付金、遺族補償年金などを不支給とした処分は違法だとして、妻の博子さん(37)=同県安城市=が、豊田労働基準監督署長を相手取り、処分取り消しを求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。多見谷寿郎裁判長は、死亡は業務に起因すると認め、不支給処分を取り消した。(以下略)


労基署が訴えられてたんですね。まさか豊田では労基署も自動車メーカーの味方ということはないでしょうけど、労基署が労働者を守ってくれなかったら、司法しかない。

裁判長は、「倒れる直前1カ月の時間外労働時間は106時間45分と認定」したのことで、過労死ラインをゆうに超えてます。

過労死の労災補償の請求件数も支給決定件数も増大しているのに、労働契約法って厚労省矛盾してますね。

厚生労働省:脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況(平成18年度)について

労災とは労働に原因があって怪我したり病気になることです。労働は、労働力を買った人間による労働力の消費として資本主義では実現します。労働力を使用する側に責任があるわけです。労働者の自由を実質的に支えるためには、企業の自由に縛りをかけねばなりません。会社の都合で就業規則によって一方的に不利益変更をするのは、この点からすれば人間の自由の条件を浸食するものといえます。

補足:トヨタが自らの企業の社会的責任を主張するなら、消費税を上げるよりもトヨタの蓄積を社会の蓄積とすればよい。私的人格となった個別資本を納税者にするのも変な部分があるんですけどね。
by kamiyam_y | 2007-12-03 00:16 | 企業の力と労働する諸個人