さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

自民連敗

千葉7区補選、岩国市長選、東広島市長選、沖縄市長選と自民の敗北が続きました。安倍氏を送ったり、チルドレンさんを国会の最中なのに送り込んだりしても選挙の結果は自民敗北です。9.11の結果に対する冷静な見方が拡がっているのでしょう。

とくに千葉7区は、武部幹事長が「小泉改革の総決算」と位置づけたことにしたがえば、小泉政治に拒否の意思が示されたことになります。

民主党の太田和美さん(26)に対する怪文書は逆効果になりましたね。「元キャバ嬢」をネタにしたネガティブ・キャンペーンは品性下劣ですから当然です。公の場で職業差別を語っているようなものですから。東大・ハーバード大出身のエリートよりも、高卒でキャバクラ勤め経験ありの女性を、格差社会でがんばっている働き盛りのサラリーマンが応援したくなるのは当然でしょう。つけくわえれば、いうまでもなく、「最初はグー、さいとうけん」は大衆を舐めてます。

ともかく、「格差社会」と「アジア外交」で対決姿勢を出した小沢民主党代表に対する期待の現われでしょう。

共謀罪でもがんばってもらわないと(情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士:共謀罪で対決姿勢~小沢民主党)。
by kamiyam_y | 2006-04-25 23:50 | 民主主義と日本社会