さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

タグ:経済学史 ( 2 ) タグの人気記事

「経済表Tableau Économique」(ケネーQuesnay):ケネーとリカードQuesnay and Ricardo

このまえ「経済表」について書いたもの(フィジオクラシーphysiocracy)に補足をしておきます。

「経済表の範式」に描かれた世界について、需給関係をまとめるだけでなく、剰余価値率や利潤率を考えるのも一興かと。「経済表」が単純再生産であるのも、当時の生産諸関係のありようか。もし拡大再生産ならどうでしょう。ケネーがアンシャンレジュームにおける重商主義政策による農民の貧窮という問題を解決しようとしたのであるならば、彼にあって農業における蓄積、拡大再生産は肯定すべき事態。

リカードであれば、耕作地の拡大はより劣等な耕作地への拡大であり、生産力の最も低い最劣等地における農生産物がこの農生産物の価格を規定し、より優等な耕作地では超過利潤、差額地代が発生することになります。資本主義発展とともに耕作地が拡大することは、リカード的には、地代の増大を意味し、地代・賃金に対して利潤率は低下することになります。蓄積にともなう利潤率の低下って現代のグローバル化を考える上でも重要。

ケネー『経済表』(戸田正雄・増井健一訳、岩波書店、1933年)の範式をワープロソフトの描画機能をもちい手でうつしてから、それに書込みをして画像ファイルに変換してみました。「経済表」の雰囲気をそこはかと残しつつも緑と赤の彩りあざやかな作品です。

c0064668_16315199.gif


フィジオクラシーの把握基準は、生産物から始まる商品資本循環。生産物の流れの絡みあいを想定する商品資本循環をイメージして経済表を振り返ると、こんな感じ。50の価値の生産物(30の費用+20の剰余価値)がどのように持ち手変換し、生産資本の補填を導くのかを「経済表」は示します。あくまでも自然から生産物を得る農業だけが生産的というのがミソです。

生産階級(借地農民)による社会的総生産物50。この生産には、用具など固定資本100の価値移転分10(原前払の利子)と、種子や食糧など流動資本20(年前払)が投下されています。言いかえれば、用具や種子など生産手段に20(不変資本)、農民が消費する食糧(可変資本)10です。

他方、地主、主権者及び10分の1税徴収者が収入として前年得た20の貨幣を、商業・手工業に従事する不生産的階級が10の貨幣を前払として購買準備にあてています。

課題は、生産物50が流通と徴税、不生産的階級による消費(加工)を介して、農民に30の生産資本、支配階級の消費ファンド20の貨幣と不生産的階級の貨幣資本10に、価値的、使用価値的(素材的)に補填される流れの確定です。

剰余価値20を支配階級が取得しつづけると単純再生産が繰り返されます。剰余価値のすべてが消費ファンドに消えるのが単純再生産。

これに対して、表式からすれば、拡大再生産による富の増大は支配階級に向けていた剰余価値を、生産階級による生産的投下に振り向けることを意味しましょう。絶対主義の重商主義政策のもと地代と税に苦しむ農民を解放するという実践的帰結を、絶対王政の足下で彼ケネーは密かに正当化していたのです。働く平凡な人間が社会を再生産においてまとめあげるのであり、消費だけする階級がじつは非自立的存在であるという把握がすでに発生しているというべきでしょう。

市民革命、産業革命へといたって生誕した現代システムは、アンシャン・レジーム(旧体制)のうちにすでに最愛王ルイ15世の寵姫ポンパドゥールが机上においた『百科全書』のうちに萌芽として存在しています。むろん古い社会は十分に発達しなければ新たな社会に移行できない。しかしまた、その絶頂にまで達した古い社会は、その胎内に新しい社会をすでに妊んでいます。蛹のなかに蝶が準備されているように。
by kamiyam_y | 2013-06-17 01:10 | 資本主義System(資本論)

フィジオクラシーphysiocracy:F.ケネーFrançois Quesnayの「経済表」Tableau Économique

ケネーですけど、「労働は富の父」で有名なウィリアム・ペティと少し似てます。平民から政治権力の中枢へ。医学から経済学political economy(社会経済学)へ。自然と労働に由来するものとしての社会的再生産の把握へ。古典派の創始者の一人として。あっ、マルクスが言ったのはイギリスはペティ、フランスはボアギュベールだった。リカードとシスモンディで終る古典派経済学(『経済学批判』MEW.Bd.13, S37.)

ペティは服屋の息子で軍に入り、いろいろあって解剖学教授となってクロムウェル軍の医者になります。地主階級の一員になっちゃう俗物。「まったく浮薄な一外科軍医」(『経済学批判』杉本俊郎訳、大月書店)。ではありますが彼の試みは社会経済学を切りひらいたもの。労働を基準に国民経済全体の生産を計測しようとしました。統計学の元祖としての「政治算術」ですね。社会を再生産過程の通過においてトータルなものとして捉えようとしたならばそれはまさしくpolitical economyといえよう、ってかんじですな。

重農主義(フィジオクラシー)の指導者フランソワ・ケネー(1694-1774)の「経済表」も自己再生産する社会システムを表象しうる興味深い著作です。

ケネーは外科医として活躍し、ポンパドゥール夫人、ブルジョア出身でルイ15世の寵姫となりヴォルテールの友人でもあったこの知的な美女に使える侍医としてヴェルサイユに。ここで啓蒙主義知識人ディドロなどと交友を深めます。常識的なこと並べてみました。

貧農に生れた彼の問題意識は農業にもとづく再生産を破壊している旧体制に向けられてます。1756年に『百科全書』に「借地農」を執筆した彼が乗り越えようとしたのは、農民が犠牲にされて荒廃した絶対主義下のフランス社会。工業品輸出のために穀物価格を抑え、農民に重税を課した重商主義政策に対して、彼が対置したのは、穀物輸出自由化による適正な価格の実現(資本蓄積を可能とする「良価」)と農民への重税の廃止(新村聡「市場経済の発展と古典派経済学」八木紀一郎・新村聡・中村達也・井上義朗『経済学の歴史』有斐閣、2001年、21-22頁)なのでした。

「経済表」は1758年に最初のものが作成され、1763年、1767年と改訂されます。岩波文庫の訳書をみると、収められているのは第1版の図式、第2版の全部、「経済表の分析」「重要事項」「農業国の経済的統治の一般原則」です(ケネー『経済表』戸田正雄・増井健一訳、岩波書店、1933年)

では第1版の表からと思ったのですが、これは眺めておしまい。図も文字も細かすぎるので。2本の直線が中央で交差しては両端で折り返し菱形を重ねていく図も細かいですけど、この図の両サイドにある説明もまた活字がルビみたいに小さくて虫眼鏡がないと読めません。

で、「経済表の分析」という論文が完成型の「範式」を含んでいてこれを読むのがよいかと。「農業国民の年支出の分配に関する経済表の算術的範式の分析」と始まり、階級区分の説明がなされます。ケネーもまた後のリカード同様三大階級区分ですが、中身は異なっており、リカードは地主・資本家・労働者。確立した資本主義を反映してます。対して、ケネーは耕作者、領主、商工業者。経済表的に述べれば、生産階級classe productive、地主階級classe des propriétaires、不生産階級classe stérile。国民のこの階級分割は、十分に発達した資本主義的階級分化ではありません。

このなかで唯一生産的なのは生産階級すなわち耕作者とされます。生産階級の売上が「国民の富の年再生産の価値」を規定するとされてます。土地=自然こそが富の起点ってわけです。農業という形に限定されているとはいえ、この労働の発見は、重商主義に対して大きな社会認識の前進です。

地主階級は10分の1税を徴収する教会、地主、主権者(国王)を含み、生産階級のもたらす「純収益」によって暮す。不生産的階級は農業以外の従事者からなるすべての人民、商工業者。加工する人たち。でも生産的でない。「純収益」を生産するのは農民としての生産階級です。純収益すなわち〈剰余価値〉をつかんだ、しかしまだ農業という形に限定された姿で、ともいえるし、農業という限定された形に着目して剰余価値をつかんだ、ともいえる。

「経済表」が示す世界は「農業が最高度に発達」している「1つの大きな王国」での再生産であり、そこでは農業が毎年50億フランの価値を再生産するとされます。「経済表」は三大階級のもとでの富を配置を記し、階級間の「取引」を分析し、年々の再生産を表現していきます。

生産階級は「年前払」20億を用いて、50億を生産。

「年前払」20億は生産階級が「耕作労働」のために行う毎年の支出です。種子やら食糧。

これに対して「原前払」と呼ばれるものは、耕作に要する「創設の資本」「経営資本」を指します。これは「修復」を要し、また「大厄災に対処するため」の「予備」が必要であり、こうした費用を「原前払の利子」と呼びます。「前払」ってのは要するに資本投下のことで、「年前払」は原材料など1年ごとに回転する流動資本を指し、「原前払」は用具などに投下される固定資本部分を表現する、と読み込んでもいいでしょう。100億の原前払があってこれは全面更新に10年かかり、年にその10分の1ずつかかる。この流れの部分を「利子」と呼び「原前払の利子」が毎年10億回収されなきゃならんってわけ。

地主階級は20億の収入。生産階級が納める地代に由来。剰余価値の形態ですな。消費されるだけの部分。貨幣20億が国王・教会などが消尽する消費資料(生産・不生産両階級の産物)に支出される。

不生産階級は10億の前払。貨幣資本として準備されています。

ということで、50億の価値の「生産物」と30億の貨幣が存在しています。

「範式」(1767)に手を入れ簡略化してみました(図を局面ごとにばらして並べ貨幣の還流を矢印で示したりしたものもつくりましたが、5本の線に番号を振って説明すればやっぱり足りるのでアップはやめときます)

番号を照らしあわせつつご覧ください。

c0064668_19275738.gif


①生産階級が生産物10億を地主階級に売る。地主階級の手に、消費すべき農産物。貨幣10億が地主階級から生産階級に。
②生産階級が生産物10億を不生産階級に売る。不生産階級はこれを工作物の原料とする。貨幣10億が不生産階級から生産階級の手中に。
③地主階級は不生産階級から工作物10億を買う。地主が消費する消費手段が彼らのもとに。不生産階級の手に10億の貨幣。
④不生産階級は地主階級が支出したこの10億の貨幣を生産階級に折り返し、生産階級から生産物を買う。不生産階級内に、消費すべき農産物。
⑤生産階級は30億販売しその手中に30億の貨幣をもつが、そのうち20億を地主に対価なく地代として収める。残り10億は不生産階級の手に渡し、彼らから工作物(労働手段)を買い入れ固定資本(原前払)の補填。不生産階級は10億の貨幣で「前払の回復」。ふたたび10億の貨幣形態の元本。

こうしてもとに戻りました。ちょっと感動しますね。1枚の静止した表はこうして私たちに立体的に循環を表象させています。

最後の結果において最初の状態に回帰し、終着点が出発点となる再生産。これこそ時間的空間的変化放散を否定して自己を維持する社会システムの本体です。

かくのごとくに「生産物が価値・素材の両面から、いかに補填されつつ、再生産=物的、階級的双方の生産条件の再生がおこなわれるか」(藤田勝治郎「ケネーの経済表」『世界の古典名著』自由國民社、2001年、99頁)を「経済表」は提示したといえそう。

5本の線によって生産物の流通が示され、3部門間での総生産物の素材的補填関係が、価値の制約のもと成立した。階級関係の再生産でもある社会的再生産を縛る条件が5本の流れを介して示された、とでもいえましょうか。

生産階級の価値額50億「年回収」は、(原前払利子10+年前払20)+純収益20。生産物の素材形態としては、地主向け10(①)、不生産階級向け原料10(②)、不生産階級向け農産物(生活手段)10(④)、生産階級内20。不生産階級の工作物は、生産階級の原前払利子に充てられる工作物10(⑤)、地主向け工作物10(③)。不生産階級は生産階級から農生産物10を買い消費し、貨幣10を次年度前払に残す。

「経済表」の「意義と限界」は、屋嘉宗彦『新版 マルクス経済学と近代経済学』(青木書店、2003年、34-37頁「経済表の意義と限界」)など参照して下さい。

----追記--------------
補足をしました(>「経済表」(ケネー)6/17)。
by kamiyam_y | 2013-05-15 03:26 | 資本主義System(資本論)