さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

タグ:グローバリゼーション ( 13 ) タグの人気記事

限界limit/Grenzeとしての資本主義capitalism /Kapitalismus(4)

しばらくぶりです。暑くてサバンナで昼寝してるライオンみたいに動けず、コンビニ弁当も冷たいまま食べて暑さをしのいでました。でも昨日今日と雨で涼しい。

◇ ◇ ◇

数日前に、干してあった形態安定シャツにシワをみつけてのでハンガーで吊したままアイロンを当てていると、アイロンが手首に触れてしまいました。反射的に腕を引いたら、数分後に10センチほどの赤い直線が線が浮きあがってきました。

そのあと、100円ショップで「アイロングローブ」という商品を発見。干したままでアイロンを当てるためのものが売られてるんですね。パッケージにわざわざ火傷に注意とあります。私の火傷はひっかき傷にしかみえないですけど。あ~、かゆい。

--------------------------------------

半年以上前ですが“キャピタリズム”を観ました。

http://www.capitalismalovestory.com/

Michael Mooreのooは、口をすぼめたウーではなくて、オーにきこえます。どうでもいいことですけどね。

フリント, MI, USA

アメリカ合衆国の資本主義capitalismは、現在の生産関係の最も発展した部分です。映画“Capitalism”でマイケル・ムーアが故郷フリントの工場労働者の哀しみに光を当て、マネーゲームを笑い飛ばすその批判精神に、アメリカ合衆国社会の生きた悩みをみることができます。対立性とは生みだすための過程です。逆説的にですが、アメリカ合衆国という場を得て自分を自由に発展させたcapitalismの躍動を、そしてそこに対立的な形で、社会づくりを行っている人間たちの偉大さを、感じ取ることができる。

印象に残った場面を一つ一つ挙げておくのはやめておき、一般的な言葉でメモだけしておきます。サブプライム問題が勤労大衆からの生活手段の収奪であったこと、マネーゲームが利益至上主義の生産体制に弾力性を与えること、しかし、それが同時に架空的であり収奪を進めること、宗教は現代社会では商売同様私事となるし特定宗派は地域を出ないものであるとはいえそれが飽くなき利益追求という転倒性と一致しないこと、富裕層の存在を個々人の努力として説明するアメリカンドリームが貧しい人々からの収奪を隠すこと、憲法世界の内部には資本主義が存在しないこと、いいかえれば、資本主義が合意によって成立するシステムではないこと、一人一票で経営者を選ぶような民主主義への欲求が個々の企業内にも発生すること。

マイケル・ムーアの映画では巨大企業に突撃取材する“THE BIG ONE”も、資本主義的企業と賃金労働者の対立、資本主義的グローバリゼーションという同じテーマを扱っているので関心のある方は見たらいいとおもいます。とくにナイキの会長とのやりとりが笑えます。

ムーアのサイトには映画の註ともいうべきコーナーがあってこれも便利。

http://michaelmoore.com/books-films/facts/capitalism-love-story

さて、映画のタイトルはcapitalismですけれど、『資本論』の冒頭に出てくる言葉は、capitalist mode of production、資本主義的生産様式です。

たとえば、ネクタイをしない大人の男性を、反ネクタイ主義と名づけるとしましょう。この名札は、ネクタイをしないというこの個人の運動様式を指示します。者をつけて、反ネクタイ主義者といえば、このような運動様式をその主体において捉えたことになりましょう。

この反ネクタイ主義者は、たまたまネクタイを忘れた人ではなく、この運動様式を不断に反復することにおいて存立します。さらにいえば、貧しいので節約しているとか、単に無精だからとかいった消極的な理由ではなく、この反復運動を目的意識によって規定して行うのが積極的な意味での反ネクタイ主義者となりましょう。条件が変わるとネクタイ主義者に戻るような無党派的ノーネクタイであってはならない。ネクタイを企業社会・管理社会の象徴ととらえるイデオロギーにもとづき造反有理の精神をもって行動する反逆者がこの反ネクタイ主義者。

独身主義者といったばあいも同様に意思の存在が想定されていて、堕落主義者ということばをつくるとすればこれも一所懸命堕落しようと努力する精神性が貫かれていそう。コンシューマリズムはどうですかね。消費者の権利の重視ですが、消費者主義者というと者が二度もあってくどい。消費主義者と訳すとただの浪費家。

資本主義者という表現は可能でしょうか。確固たる資本主義への信念というものがもしもこの世界に存在しうるとしても、反ネクタイ主義者が反ネクタイ行動をとるのと同じ意味で資本主義者の観念が資本主義をつくりだす、とはなりません。反ネクタイ主義と反ネクタイ主義者とは相互依存的(もっとも個人の反ネクタイ主義もかれの生活諸条件の産物ですが)。信念は、資本主義という体制をまとめあげて再生産する根源的な活動ではなく、資本主義を前提し、それに依存した関係にすぎません。

資本主義者という言葉から思い浮かぶのは、金の亡者、拝金主義者しかくらいです。資本を自分の魂とする主義者。貨幣増大の主義者。利己的視野だけですね。普遍的な視野と信念をもった資本主義革命家としての拝金主義者は存在しようがない。資本主義は、非自覚的な生産発展であり、合意されて計画的に遂行されるものではなく、協同的生産とは正反対の無政府的生産であり、不透明化された生産であり、神秘の衣、転倒的幻想に覆われます。利己的視野とはこの幻想を受動的にもつことです。

資本主義という運動様式を規定する目的は、意思ではありません。断言すれば、剰余価値を目的とする生産は、社会をつくりだすという目的を生産の運動として与えられています。社会の種差は生産の運動様式が定義するので、資本主義的生産様式は資本主義的社会システムをつくりだします。資本主義的個人が生産するから資本主義なのではなく、資本主義的生産が社会を資本主義的に変革し、諸個人の人間性を資本主義によって変革していくんですね。

fuedalismも封建制と訳すのですから、capitalistを「資本制」と訳すのももちろんよいことだと思います(資本家的と訳すのはどうかと思うが)。考え方という意味での「主義」と混同しないために、体制概念であることを明示するためにこう訳すのも手。

拝金主義者としての資本主義者より少し拡げて、消極的な意味での資本主義者、資本愛好者もありえます。貨幣崇拝ということであれば、資本主義社会で暮らし貨幣に依存する私たち誰もが、そもそもそういう側面をもたざるをえないです。貨幣を愛してはいなくても、行動は貨幣に依存しています。ちょっぴり資本主義―者ですね。

転倒的貨幣崇拝からは、資本主義の弁護論を信奉するということも出てきます。資本主義的生産関係は、自身を追認して、それを永遠不滅の人類の真理、自然の秩序とみなすさまざまの正当化の意識形態、体制弁護論を分泌しするのですから。生産が奴隷制をその内部に取り込めば、奴隷制を美しいものとして描く人があらわれ、生産が封建制であれば封建制の道徳が充満する。これと同じです。

また、特定の生産様式の没落においてはこの生産様式を批判する観念がこの生産様式の一姿態として定着します。対立的生産の完成としての資本主義は、こうした批判を、資本主義が生みだす自覚性の主体による批判として展開します。資本主義の確立はその反転であり革命的。

市民が擡頭し封建的諸勢力を打破したときに生き生きと作動した人権や民主主義といった観念は、資本主義において具体的対象を獲得して展開し、賃金労働者諸個人の武器になります。交換は人間を法的自由を持つ者として規定しますが、この自由が団結禁止法のように労働者を抑圧するための法として持ち出されはするとしても、結局のところ搾取の自由という自由は法的自由の否定ですから、資本主義の発展は対立性を露出します。

貨幣崇拝の転倒は、三位一体的幻想において完成します。所得は生産の結果ですが、これが、生産の連関から切り離されてしまう。利子を取る観念上の理由がその発生の源にすりかえられてしまいます。資本所有が利子を生みだし、土地所有が地代を生みだし、労働が労賃を生みだす。この祝福すべき図式において、3大階級は等しい原子に還元されている。対立性を隠蔽するこの観念を、資本主義を弁護する資本主義者の意識と呼んでみることもできるかも。

資本主義弁護論の現代的な2局面は、市場原理主義イデオロギー・市場万能主義と、それを補完する成長主義的国家主義です。新自由主義的市場主義とケインズ主義的市場主義とかいろいろいえそうですが、弁護論たるもの、資本主義を自覚して推進するものではなく、資本主義の分裂的運動の無自覚で受動的な反映でなければなりません。

資本主義の限界は公開されています。自覚的主体は、この限界を自覚的に知る者として、資本主義の眠り込み(止揚)を進めていく主体です。資本主義の展開が資本主義の不断の止揚であるとすれば、資本主義の力を、資本主義の成果を奪還しようとする革命的自覚的主体は、資本主義を推し進めようとする点で、また資本主義の本体を自覚している点で、(これこそ)資本主義者といえるかもしれません。資本主義を乗り越えようとする主体は資本主義者たることを否定保存している。

資本主義の止揚は、資本主義の発展を大前提にしています。

「社会主義者たちが、賃労働によって生みだされた社会的生産諸力の、このより高度な発展を前提していないとすれば、どうして彼らがより高度の要求をするようになることができようか?」(「バスティアとケアリ」『資本論草稿集』1、大月書店、S.14.)。


資本主義は生産を発展させたからすばらしい!とわざわざ言わないのは、「同義反復」(同上)だからです。資本主義が生産を発展させたことが資本主義を超えることを否定するのではなく、逆に資本主義を乗り越えることの前提になるなんて、まあ当たり前の話のはずですが。

資本主義といえば、現在のグローバル資本主義、金融資本主義なんて言い方もしますね。中国の一党政治資本主義(そんな言葉はないけど)という表現も、可能。これは資本主義システムのある局面を指して言っています。比喩ないし分類です。産業革命以前の商業資本主義なんて言い方もあります。

しかし、現代社会の基礎である資本主義は、資本の運動を基礎として取り込んだ生産です。資本主義とはすぐれて産業資本主義であって、大工業による産業資本の運動によって確立します。疎外された労働が大工業によって資本のもとで実現している生産様式です。労働する諸個人が自己の生産手段を喪失し労働力を商品として販売し資本のもとで疎外された労働を行う、という生産が、たえず行われ、社会的諸関係を包摂していく。これが資本主義社会です。
by kamiyam_y | 2010-08-24 21:23 | 資本主義System(資本論)

限界limit/Grenzeとしての資本主義capitalism /Kapitalismus(3)

企業の国境を越えた増殖のようすを確認してみましょう。

UNCTAD:World Investment Report 2008, table Ⅰ.2, p.6.

これによれば、10億ドル以上のクロスボーダーM&A(Mergers and Acquisitions)、国境を越えた企業の合併・買収は、1987年にはたった19件にすぎなかったのが、1997年は73件、2007七年は300件と大幅に増えています。資本の集中が世界規模で本格的に急激にすすんでいることがイメージできるかなと。

外国直接投資FDI(Foreign Direct Investment)でも企業世界の超国民的な深化と拡大をみてとれそうです。外国から企業が入ってきたり、外国に出て行ったりする国際化を確認しましょう。FDI(ストック)残高の国内総生産GDPに対する比をみると、世界全体では、国内流入inwardについては1990年に9.1%であったのが2007年には27.9%に、対外集出outwardについては、8.5%、28.9%に増大しています(Annex table B.3, pp.261-262.)。資本移動の国際化をこれまた十分うかがえるかなと。

ある資本がある国のなかでとる企業の姿において、ある資本の国民的定在において、労働搾取が激化すれば、その影響は国境を越えてさまざまのかたちで波及します。サプライ・チェーン、ディマンド・チェーンを国境を越えて企業社会の管理下におくことが企業にとっての死活問題ともなっています。このような時代、資本の無政府的な連関の全体において、日々激しい勢いで、個々の生産過程が全地球的な社会的生産過程の一要素へと転化しつづけています。

世界市場としてのこうした資本主義の成熟において遂行されているのは、富の世界的創出。この世界市場における富の創出こそは、諸個人が必要のための労働から解放されるためのなにより重要な前提条件であって、万人の発達が万人の自由な発達の条件となるような社会状態生成の大前提にほかなりません。

富は諸個人の産出した環境であり、富を生みだす諸個人の労働を支配しているのは、資本であり、その直接的形態は企業、すなわち、モノとしての労働組織です。企業の売上高ランキングを「フォーチュン」誌からみてみましょう。

http://money.cnn.com/magazines/fortune/global500/2009/

ロイヤル・ダッチ・シェルは売上高4584億ドルで、ウォルマート・ストアーズが4056億ドル。なんかとてつもないです。でかいです。世界のGDPを調べて比べてみます。

http://siteresources.worldbank.org/DATASTATISTICS/Resources/GDP_PPP.pdf

31位のスウェーデンが3447億ドル(2008年、購買力平価、国際ドル)。単純な比較ではあっても、1つの私企業という生産体が、先進福祉国家の国民経済における生産・産出を上回る規模で活動し、世界に生産の網の目を張りめぐらせている、ということがうかがえます。

グローバル企業の雇用をみると、トヨタの従業員が32万人とされていて、ウォルマートにいたっては210万人です。ウォルマートは民主的統治なき巨大都市であり、政治的共同体を欠いた巨大生産共同体ともいえましょう。民主的正当性から脱落して形成されている事実的な共同体ともいえましょう。

いまや、クニと称する共同体がその観念的・幻想的な性格を、具体性を喪失した抽象的・天上的な共同体であることをあかるみにさらされ、その局地的性格も容赦なく暴露されています。人々が生産し相互に交通し生活を支えあう現実的物質的な共同体は、グローバルな資本のモノの世界として、企業世界という非公認の共同体として形成されています。労働するあなたにも私にも主権は存在せず、私たちはモノとして売買されているそんな転倒した世界として、私たちの共同本質が実体として形成されている。

ここで、国家と私的所有者個人という単純商品生産社会のイメージはくつがえされてます。国家に対して企業が民だなどと称する資本主義の偽りの正義、資本主義の自己弁護論はまったく無意味かつ無効です。都合のいいときは国家に対して民のふりをしながら、別のときには企業の社会性を主張してはばからない嘘偽りの私企業の世界が資本主義のダイナミズムといえましょうか。国家ではなく、実質的な社会形成への寄与において企業が公共的であり、私企業の相互否定という無政府的経済法則・競争の全体に、諸共同体の共同体が、隠れながらも成り立っている、という反転が地球的再生産過程において生じています。

地球的再生産過程においては、グローバル経済が公共的であり、国家が逆にこれに従う私的組織の位置に落とされる。あるいは無政府的経済法則によって対立的世界に投げ込まれてしまう。この法則によって激しく翻弄される無力な局地的共同性に落とされてしまう。この反転する世界においては、政府の政策は大きく制限され、民主的諸政府を中心とする相互的国際協調の経験をすすめることなしには、実質的共同性を国民に区切られた政府がになうことは不可能になっていきます。

民主政府なき事実上の共同社会として超国民的な企業世界が産出されているのが現在です。超国民化した生産の世界こそが諸個人を支配する力です。いまや諸個人が民主主義によって共同に管理すべき対象は超国民的な企業世界にほかなりません。

富の創造は、さらに、個人のエンパワーメントを支える多様な社会的ルールの創造をともないます。ルールづくりが資本主義の延命条件に転換します。一例をあげれば、全世界の初等教育純就学率は1991年に83%、2005年に87%、うち開発途上国は91年に80%、05年に85%、後発開発途上国は47%から77%に高まっています(国連開発計画(UNDP)『人間開発報告書2007・2008」人間開発指標Table12、二宮昌人・秋月紘子監修、阪急コミュニケーションズ、308頁)。子供が資本によって直接搾取されることから解放されること、教育をうける権利に集約される子どもの人権が保障されることが、資本主義が富を創造していくうえでのそのより発展した環境・条件に客観的に転換するといえましょう。

こうして開発は人間の開発。資本主義は、労働の自己疎外的な発展を完成することによって、世界市場と社会的労働を展開し、社会的人間をつくりだしているのです。

このような世界的労働過程と世界史的人間の創出こそが資本主義が生みだす成果であるとすれば、資本主義が生みだすものこそ、資本主義の暴走を解消していくための土台にほかなりません。資本主義の最新の展開が、資本主義という転倒そのものを限界として指し示しています。資本主義はみずからの人類史上の役割を、みずからを不要とする地点にまでおしすすめ、人類の偉大な達成をその頂点にまでおしあげます。人間の世界史的存在様式が資本主義の真相というわけです。
by kamiyam_y | 2010-04-05 00:02 | 資本主義System(資本論) | Trackback

限界limit/Grenzeとしての資本主義capitalism /Kapitalismus(2)

先日NHKBS1「きょうの世界」で『グリーン・ゾーン』(Green Zone (film) - Wikipedia, the free encyclopedia)が紹介され、主演のマット・デイモンや、グリーングラス監督のインタビューが放映されてました(「米映画が描くイラク」)。

解説の市瀬卓氏も、イラク戦争について問うことができるようになった、という趣旨のことを述べてましたが、戦争が真にイラクのためのものだったのか問いかけるこの戦争を根本から批判する映画が作られていることは興味深い。戦争開始の正当化の主たる根拠とされた大量破壊兵器保持が事実でなかったことをはじめとして、戦争の大義名分は当初から揺らいでいましたし、戦争中も反対の声があげられていたのですが、いよいよ、アメリカ合衆国の大衆が戦争を冷静に本格的に振り返る時期に来たというべきなのですね。合衆国の市民社会がもつ自己批判の力というか、自己認識力を感じておきたい気がします。

----------------------------------

生産の発展は人間の自由な本質を実現する土台です。

とはいえ、このことを、労働する諸個人が既知のこととして知って労働を行ってきたわけではありません。

反対に、かれらにとってかれらがつくりだしてきた世界は、巨大な闇におおわれた不透明な、神秘的な威力なのでした。大地に原生した人間は、かれらの世界をかれら自身のものとしてではなく、原生的な群れを支配する権力として、大地の所有の力として、いいかえれば、封建領主に人格化される土地所有の力などとしてつくりだしてきました。労働がつくる世界は、人々を縛る世界として、かれらを飲み込む超えがたい力にみえます。

資本主義は、この疎遠な世界を、人による支配から切り離し、経済法則として純化して完成します。労働の疎外された力を、ゲマインシャフトの人格的依存から分離し、資本主義の無政府的経済法則に変えます。こうして、労働が生む世界が諸個人の対象として定立しており、このことを前提にして、労働という原点を諸個人がおもいだすのです。労働による世界形成が資本主義にまで発展の道を歩んではじめて、労働は、発見されるという仕方でもって自覚されるのだといってよいでしょう。

資本主義は労働の自己疎外的な発展を完成するという人類史における独自の役割をもってます。この完成において以前の歴史の真理が明かされます。原生的ゲマインシャフトにおける集団幻想的神話を統合の契機とするような生産は没落します。部族Aは、リンゴを育て生きているので、リンゴの神を信奉してまとまっており、部族Bは、馬に乗って他の部族から貢ぎ物を得て暮らしているので馬具を崇めており、といった人類の分裂状態は、産業ロボットの時代には現実的基盤を失います。

資本主義が社会的労働の関係を経済法則化するのは、商品生産の全面化によってです。ここで諸個人はまさに原子としての諸個人として規定されます。この諸個人としての規定の大きな意義は、かれらが、ゲマインシャフトの共同幻想に埋没した存在ではなく、自覚して対象を知る主体になることです。

かれらに対して、かれらの労働の世界が、ゲマインシャフトから脱した経済法則の網の目となって、相互に孤立するかれらを、かれらの地面の下で相互に世界的に結びつけていきます。かれらの労働は大工業としてその普遍性を開花し、大工業を手段とする剰余価値生産の流れは、生産と消費を全地球的にものへと変えていきます。

労働がこうして資本の世界市場にまで展開することによって、資本主義が完成しています。ここに労働する諸個人の疎外は完成しています。自覚して対象を知る存在である諸個人と、かれらに疎遠に形成されたかれらの自身の普遍的環境とが対立する、というかたちでです。

この対立こそが、諸個人に、社会の基礎が労働であることを、かれらがその労働と社会の主人公であることを認識させます。大工業は、人間自身の偉大な変革力をまさに人間自身のものとして、天上界の創造物ではなく、人間の産物としてかれらに理解させます。世界市場は原生的ゲマインシャフトの局地的な実践的迷信を解体し、人間のグローバルな本性を理解させます。労働する諸個人が対立する世界の内部に見いだすのはかれら自身が形成した世界です。

ここで、資本主義は人類を1つの世界史にまとめあげ、諸個人を世界史的諸個人に転化させていきます。資本主義の完成という労働の全面的発展と全面的疎外、これが、世界の産出過程が労働による過程だったことを示します。労働する諸個人は、観念による歴史形成という神話から、労働による世界の産出に、知る根拠を転換します。産業の発展は、諸ゲマインシャフトの諸集団幻想・諸歴史神話の役割を消滅させ、掟の歴史、政治支配の歴史、などなどの歴史が記憶の恣意的結びつけにすぎなかったことを語ります。労働による世界の産出を諸個人が自覚できるようになります(直接には労働する個人において能動化している自然の自己産出が自覚的な人間的な形態を得るともいえましょうか)。

資本主義においても、社会の断片化された諸関係は、不透明なヴェールのなかで、法や政治、哲学、といった社会的諸関係それ自体の歴史を紡ぎだし、資本主義の弁護イデオロギーを分泌し、とりわけ経済的範疇(分配、所有など)をその主軸にしていく(「経済学批判」の対象)わけですが、資本主義はこのヴェールを脱ぎ捨てるということが重要です。

労働する諸個人が社会の主体として民主主義を獲得し、環境や労働などの地球的問題に対して、民主主義を徹底することによって解決しようと苦闘しているとき、かれらはかれらに対立する対象のうちに、かれら自身の産物を見いだし、それを再獲得しようとしています。たとえば民主主義と対立する企業権力に対峙するというかたちで資本主義に対峙するとき、諸個人は、世界的生産過程はだれのものか、問うているのであり、かれらの自由の土台を奪還しなければならないという客観的要請を示しているのです。

この苦悩する諸個人に対して、資本主義は大人しくさせるべき対象としてあらわれており、資本主義はその発展の最前線においてその対立性を諸個人の限界として示し、暴走する資本主義自身の持続可能性の限界を、暴走する資本主義がみずからを超え出ていくべきという要請を示しているといえます。
by kamiyam_y | 2010-04-01 23:05 | 資本主義System(資本論) | Trackback