さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

グローバル銭湯 2

中国を旅してこないだ戻った人が「すごく楽しかった」と言ってました。

日本で風呂を楽しむ中国からの観光客もいれば(>グローバル銭湯)、中国で食を楽しむ日本からの旅行者もいる。日本の生産関係の成熟(>日本人民の・・・)だけではない。

殴られた日本人にネットで8万人の「ごめんなさい」。この『毎日新聞』の次の論説の最後の部分がいいですね。

上海交差点:8万件の「ごめんなさい」=隅俊之 2012年09月24日

平和の誓いは不可侵の大原則。

中国に行ったその人は「平和だった。みんなフレンドリーだった」と語ってました。当然でしょう。中国において帝国主義打倒というタテマエのもと政権への不満の捌け口が集団行動となり、それに乗じた粗野で野蛮な、資本主義による陶冶を経ていないかのような一部の暴力(窃盗!)が現れたりしたとしてもそれが恒久的普遍的事実であるわけがない。マスコミは平和な日常ではなく、センセーショナルな映像を繰り返ししつこく流しますから、それが一人歩きすると、想像力や考察力に欠けている人々においては、実践的・客観的なイメージ形成が妨げられます。

人権という表象上の共同体は、物象化された現実的な共同体である企業の諸連関、再生産過程の物象的世界の力に衝突しますが、これは生きた個人の自己分裂です。個人の普遍性がその表象性を脱し、現実的な共同性が個人の普遍性の客体化として完成することが、この分裂の示す課題です。暴力として発現する国家という共同性も、個人に包摂され、諸個人が自身の延長として制御する客体的普遍性へと変容しなければなりません。人権による企業の制御は、人権による国家の制御と不可分です。

中国においてもむろん人々は国家と個人を区別してふるまいます。国家という幻想的な共同体と現実的な生きた諸個人を区別するのは、平和な日常において通常の正常な行為なのですから。人間の普遍性は国家を超えて存在している。

排外主義的暴力を人民が全力をあげて根絶すべきであるということは、生きた個人1人1人を原点とする近代的理念に即しても大原則。

近代という分裂状況において、唯一といってもよい価値観、社会的正当化の共通の仕様は、国家と人民を区別し、国家は人民に由来してのみ正当であるというものであり、個人が社会の正当な主体とされるということです。しかしながら、分裂状況は、たえず近代以前ともいえる局地的幻想や、国家という全体による個人の簒奪をもたらします。国家でなく企業と企業の個人を区別できないふるまいすら私たちはいまだに止揚できていません。全体主義はつねにそこにある。だからこそ、私たちは生きた個人の尊厳という価値観の基盤にたえず立ちかえる必要があります。

23日のNHKスペシャル「対立を克服できるかで」で(その時間、ETV特集「シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第2回」をメインで観ていてたたまたまチャンネルを変えたときにですが)、韓国の女の子がインタビューで「騒いでいるのはどちらの国も一部の人だけ。私は深刻に考えていない」という趣旨で答えていました。

「一部の人」ではないふつうの人々は、生身の人間どうしがじかに顔をあわせるということがなくても理解しているのであり、客観的に俯瞰できる力を発揮しており、想像力・共感力を人間的に用いているわけで、はじめから直接に、国境を越えた普遍的な存在といえましょう。

ふつうの人々は、幻想的国家と実際的人間を区別し、国家権力と人民・人民の生活を区別し、対立的な国家的共同性と生まれ育った社会への愛着とを区別し、国家的幻想と現実社会に暮らす人々とを区別し、疎外された組織とそのもとで矛盾を生きる個人とを区別できてます。

追記 かつて戦争の惨禍に苦しんだ諸国がその反省をふまえて1つのEUを形成しているのに比べると、東アジアはなんて遅れているんだと思わざるをえません。とはいえ、このアジア的分裂状況を大きく規定しているのも後発的諸資本主義の地域間格差のように思えます。経済的依存関係の深化によってもまだ乗り越えられていない。またやはり西欧が王権と民衆との対峙を軸とした社会形成を通じて社会的対話や民主主義を発展させてきたという環境もEUの努力を支える要因として大きいような気がします。
by kamiyam_y | 2012-09-25 20:16

日本人民の腐敗分子は分解消失すべし

中国人学校での放火。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120919/k10015121961000.html

この記事だけですと島をめぐる幻想とは無関係な放火の可能性もあり、拝外主義的・差別主義的な行為なのかどうかわからないところもなきにしもあらずですが、仮にこの手の暴力だとすれば、これを「恥」と呼ぶことに日本にいる人民のほとんどは躊躇わないでしょうし、こうした行為が起きないのが通常であり、起きれば異常なのであります。その程度には先進資本主義の日本における展開が人々を開明化していることには疑いの余地もないように思えます。
by kamiyam_y | 2012-09-19 22:24 | 民主主義と日本社会

研究倫理

大学が集めたアイヌ民族の遺骨を返還を求める訴訟。

http://mainichi.jp/select/news/20120915k0000m040131000c.html

この『毎日』の記事を前提にして感想を記しておきます。「訴状によると」55年まで遺族の承諾なしに遺骨を収集してたんですね。一般的に墓を掘るのは犯罪だと思いますが(>ウィキペディア)。

帝国主義的な掠奪を手法とする研究が驚くべきことに、戦後になっても10年くらい行われていたということになる。

亡くなった本人の権利、埋葬するコミュニティの権利、文化的相互尊重の精神を蔑ろにして研究することは研究の公共性、人権配慮的責務に反します。

研究はデータの収集・管理など公共的責任が伴いますし、そもそも、研究は広く人類のためである点で協同的です。公共性を楯にして人権を抑圧するのではなく、人権を優先し、人権に配慮して進めることが重要。主体は一人一人の個人であって、人権を社会の原理として尊重するのは組織の行動指針の大原則でなければなりません。

新聞で取りあげられるということは、以前からこの問題にとりくむ人がいるんですね。この問題をテーマとしてシンポも行われたよう。

http://pub.ne.jp/ORORON/?entry_id=4525171
by kamiyam_y | 2012-09-15 19:28 | 民主主義と日本社会 | Trackback | Comments(0)

両議院の同意なしに

国会の同意なしに首相権限で原子力規制委員会を発足させてしまうのか。原子力規制委員会の委員長を田中俊一前原子力委員会委員長代理に、委員を中村佳代子日本アイソトープ協会主査、更田豊志日本原子力研究開発機構副部門長、島崎邦彦地震予知連絡会会長、大島賢三元国連大使に任命するのだそうな。

http://www.47news.jp/47topics/e/234386.php

国会が認めないムラ寄り人事を強行です。

原子力規制委員会設置法

(委員長及び委員の任命)
第七条  委員長及び委員は、人格が高潔であって、原子力利用における安全の確保に関して専門的知識及び経験並びに高い識見を有する者のうちから、両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。
2 委員長の任免は、天皇が、これを認証する。
3 国会の会期中に、原子力災害対策特別措置法(平成十一年法律第百五十六号)第十五条第二項の規定による原子力緊急事態宣言がされている場合その他の特に緊急を要する事情がある場合であり、かつ、委員長及び前条第三項の規定により委員長の職務を代理する委員のいずれもが欠員である場合(以下この項において「緊急任命が必要な場合」という。)において、両議院又はいずれかの議院が緊急任命が必要な場合である旨の文書を添えた第一項の規定による委員長に係る同意の求めがあった日(同項の規定による委員長に係る同意の求めがあった後に緊急任命が必要な場合に該当することとなったときにあっては、その旨の通知を受けた日)から国会又は各議院の休会中の期間を除いて十日以内に当該同意に係る議決をしないとき(他の議院が当該同意をしない旨の議決をしたときを除く。)は、内閣総理大臣は、同項の規定にかかわらず、同項に定める資格を有する者のうちから、委員長を任命することができる。

附 則 抄
(最初の委員長及び委員の任命)
第二条  この法律の施行後最初に任命される委員の任期は、第八条第一項本文の規定にかかわらず、四人のうち、二人は二年、二人は三年とする。
2  前項に規定する各委員の任期は、内閣総理大臣が定める。
3  この法律の施行の日が国会の会期中である場合であり、かつ、この法律の施行の際原子力災害対策特別措置法第十五条第二項の規定による原子力緊急事態宣言がされている場合において、両議院又はいずれかの議院が原子力緊急事態宣言がされている旨の文書を添えた第七条第一項の規定による同意の求めがあった日(同項の規定による同意の求めがあった後に原子力緊急事態宣言がされたときにあっては、その旨の通知を受けた日)から国会又は各議院の休会中の期間を除いて十日以内に当該同意に係る議決をしないとき(他の議院が当該同意をしない旨の議決をしたときを除く。)は、内閣総理大臣は、同項の規定にかかわらず、同項に定める資格を有する者のうちから、この法律の施行後最初に任命される委員長又は委員を任命することができる。
4  第七条第四項の規定は、前項の場合について準用する。この場合において、第七条第四項中「前項」とあるのは「附則第二条第三項」と、「されたときその他の特に緊急を要する事情がなくなったとき」とあるのは「されたとき」と、「委員長」とあるのは「委員長又は委員」と読み替えるものとする。
5  この法律の施行後最初に任命される委員長及び委員の任命について、国会の閉会又は衆議院の解散のために両議院の同意を得ることができないときは、内閣総理大臣は、第七条第一項の規定にかかわらず、同項に定める資格を有する者のうちから委員長及び委員を任命することができる。


「両議院の同意を得て」と書いておきながら、すぐに首相による任命という抜け道を用意したのか?人民の意思は執行権力ではなく立法権力にまず表出されるのではないんでしょうか。

河北新報社説が「規制委に何より求められるのは、原発の安全規制を骨抜きにした『原子力ムラ』からの決別」というとおりで、人民としては原発廃止する気があるのか信頼できないわけです。

http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/09/20120913s01.htm

次の東京新聞社説に「中村、更田両氏は原発や核燃料再処理に関係する機関に勤める従業員の就任を禁じた規制委員会設置法に違反する疑いすら濃厚である」とあります。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012090602000150.html

たしかに7条の7項に反してるんじゃなかろうか。

7  次の各号のいずれかに該当する者は、委員長又は委員となることができない。
一  破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
二  禁錮以上の刑に処せられた者
三  原子力に係る製錬、加工、貯蔵、再処理若しくは廃棄の事業を行う者、原子炉を設置する者、外国原子力船を本邦の水域に立ち入らせる者若しくは核原料物質若しくは核燃料物質の使用を行う者又はこれらの者が法人であるときはその役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)若しくはこれらの者の使用人その他の従業者
四  前号に掲げる者の団体の役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)又は使用人その他の従業者

by kamiyam_y | 2012-09-14 17:49 | 民主主義と日本社会 | Trackback | Comments(0)

クマのすむまち 2

知床の飢えたヒグマ。

http://mainichi.jp/select/news/20120913k0000m040013000c.html

ほんとに痩せてます。別の動物みたいですが、手足が馬とは違います。トラにも見えません。

クマってネコ目なんですね。よく分らないですけど、イヌにも近いらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B3%E7%9B%AE

痩せて体力が落ちたらますますエサがとれなくなり厳しい・・・。

北海道だけじゃなくて出没してるんですね。

アメリカでは住宅街で捕獲。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2899952/9494767?ctm_campaign=photo_topics

長野では養蜂箱荒らし。塩尻は一度行ったことがありますけど、いいところです。

http://www.shinmai.co.jp/news/20120905/KT120904FTI090003000.php

宮古では、家に入って仏壇のリンゴとナシを食べてます。家の中にクマがいるってシュールすぎ。

http://mainichi.jp/area/iwate/news/20120825ddlk03040099000c.html

南区の出没ニュースをチェックしていたら、道新の社説を発見。紙媒体も取ってますけど、見落としてた。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/401746.html

ちょっと行替えが多くないですか。ネットで読みやすくということでしょうが。

「野生動物の領域と隣接する、世界的にも例のない大都市」ゆえに「研究機関と連携を図りながら、都市と野生動物が一定の距離を保ちつつ、共存していく環境づくりについて知恵を絞る必要がある」というのはその通り。都市づくりは総合的でなければなりません。住民を主人公として、専門家の研究を活かし、行政は活動すべき。
by kamiyam_y | 2012-09-12 21:46

クマのすむまち

こう書くとプーさんみたいですね。メルヘン。

でも所詮野蛮な生き物ですから、襲われたら大変です。

札幌市のサイトに掲載されている昨年の目撃情報171件をみると、半分以上が南区です。

http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/syutsubotsu/documents/kiroku2011.pdf

南区の最新の目撃情報、フン情報、足跡情報。

http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/syutsubotsu/minami/minami-list.html#no61

南区って、ほかの区をあわせた以上の広さで、定山渓など含むところです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8C%BA_(%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82)

南区のサイトの説明には「ヒグマの生息域と住宅地が緩衝帯を持たずに接している」とあります。

http://www.city.sapporo.jp/minami/kuma/index.html

北海道の面白さは天然の自然が豊かに残っているところにあります。天然の自然をできるだけおかさずに人間の生活域を集中的につくりだしていく持続可能な都市づくりは重要な課題。札幌のいいところはいうまでもなくオフィス街や繁華街といった都市機能の中心と住宅地とが近く、豊かな自然と接した都市である点にありますから、これをさらに活かしていくためにも、南区のサイトにあるようにヒグマちゃんと「共存」する智慧が大事でしょうね。
by kamiyam_y | 2012-09-10 18:22

えびそば2

えびそばについて前に書いたことの続きです。

最近エビにはまってまして、先週はベトナム料理店でフォーを食べ、「えびそば一幻」千歳空港店にも行ってきました。前回 「そのまま」に「えびみそ」だったのを今回は「えびしょうゆ」に。この勝負私的にはみそだな。

東京にある札幌ラーメンと看板のある店でも、えびそばがあらたにメニューに加わっているところがあるようです。
by kamiyam_y | 2012-09-03 21:37 | Comments(0)

ラーメンととんかつ

今日は一日サラダに蕎麦でも食べてようかと思ったのですが、昼近くなって無性にラーメンが食べたくなり、札幌らーめん共和国の「空」(札幌)に入りました。ネギたっぷりみそだったかな。餃子がなかにスープ入りで、ちょっと小籠包みたいでした。次はとなりの「浜チャンポン」(長万部)にできるだけ早く行く予定。

ラーメンライスって主食ダブルでヘンだと思いつつも昔はよく食べてました。麺をおかずにご飯。今はせっかくラーメンを食べに行ってなんでご飯でおなかを満たすのか、と思うのでそれはしません。せいぜい餃子をつけるくらい。このまええびそばでえびおにぎり食べてたのは例外です。

ご飯といえば、私は学生時代先生のお宅にあがって食事を頂いたときに、ビールを飲みながらご飯も食べて、「今の若者はビールとご飯平気なのかね?」と不思議がられたことがあります。その後そういうことはあまりせず、こないだなんぞ飲み屋で「焼肉食べに行ってビールがあるのにすぐにご飯を頼むのは許せない」というテーマで話が弾んでました。

午後になって無性にエビのスープカレーが食べたくなり、市電西線9条駅近くの「奥芝商店」に行ったところ、まだ早くて開いておらず、なぜか札駅の方まで行って、とんかつを。

とんかつの定食だけでなく、ビールを頼むんですよ、いつも。ソースをかけたとんかつはそれだけだと味が濃くて、やっぱりご飯と合せて美味しい。でもビールを飲みながらでも美味しい。ま、一応先にビール、後にご飯という雰囲気にはしてますけど。

カロリー的にはこういうことは時々にしたい。と思いつつも焼肉食べたくなってきた。で、焼肉屋で私がご飯を食べないのは、上カルビーばかりを飽きるまで食べたいからです。
by kamiyam_y | 2012-09-02 22:51

グローバル銭湯

人民の意向は脱原発で確定。

http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201208270101.html
http://www.asahi.com/politics/update/0825/TKY201208240650.html

「パブコメや世論調査から浮かぶのは政府に対する国民の怒りで、安全性を求める意見が多い」という小林傳司教授のコメントは適切。これだけの事故を起しておきながらの原発推進は人類への暴力でしょ。

つい先日の話。展望風呂に行くため乗ったエレベーターで、観光客の家族といっしょになりました。父と小学生くらいの息子、母と娘で仲のよい雰囲気で中国語で何か話してます。中国語ができれば話できたのにな。

エレベータ-から出ると左に男湯、右に女湯があります。親子より先に暖簾をくぐりました。

父子が入ってきて体をシャワーで洗い、湯船に。一足先に浸かっていた私は、ふだんはそんなことしないのに、日本の銭湯の入り方をレクチャーしたかったのか、変な日本を演じたかったのか、変な習慣に歓んでほしかったのか、まちがった日本の習慣を覚えてほしいという悪戯心か、なぜか、頭に手拭いをのせてました。

ところが父と息子はすぐに脱衣場に戻ってしまいました。あれれ。長湯の習慣は日本にしかないんだっけな。と思いきや、二人は単に(頭にのせる)手拭いを取りに行っただけででした。

この旅でいい想い出をたくさんつくってほしいと思いながら、またも先に、風呂から上がりました。私の方がカラスの行水。そういえば私はここ数年風呂桶にお湯を貯めずにほとんど朝夕シャワーですませてます。浴槽も使わないと汚れます。労働の炎によって生産物は生き生きと輝く。

その帰りにではないんですけど、中国から留学に来て日本で就職した卒業生にばったり会いました。世界中から多くの人々が日本に旅したり学んだり働いたりしてくれることは嬉しく誇らしい。

なにかの番組でニュースキャスターとかいう人が「固有の領土」とかいきなり言ってました。マスメディアが国益にとらわれず報道する日がいつ来るのだろうかとあきれるほかなかったです。資本主義が国民単位でシステム化するうえでそうした幻想が形成されるのだということまで述べよとは期待しないが、少なくともできるかぎり客観的に各国の主張を紹介するとか歴史的事実を伝えるとかいう姿勢のないメディアは危うい。カネで島を買おうとする試みが報道されてもいますが、経済的土地所有権と国家的領有権は違うよ、ということは無視しても、この試みが語るのは、これまでの歴史が生産手段の軍事的・人格的、経済的な奪い取りであったということにすぎません。

28日に「ワールドビジネスサテライト」のなかのニュースで、韓国からの観光客を手配・サポートしている旅行代理店では韓国からの観光客は減っていない、と放送されていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_26018/

観光客へのインタビューで、一般の人には関係ない、と答えていたのが興味深く、また、大韓貿易投資振興公社KOTRAの人が「経済面での結びつきが以前より強くなったことで政治に左右されなくなった」と言っていたのもちょっと印象的でした。

日本と東アジア諸国との政治上の対立が経済的には何の利益ももたらさないとビジネス界が考えるのも、資本が国境を越え、経済的依存関係がますます緊密となり拡大しているからこそです。物象的依存関係の発展は、国家間の幻想的・政治的な軋轢の影響を抑えるよう作用します。

労働がそのグローバルな本性を発揮して国家を超えて展開しているという客観的条件の生成において、偏狭な国家主義・排外主義による内的諸矛盾の隠蔽に一部の疎外された人々が吸収されるのもグローバリゼーションが引き起こす軋みであって、国家権力どうしの振舞いに民衆の一部分が同調し(疎外された・幻想的な共同体に自己同一性を虚構し)いがみあうような非文明的・野蛮状態は、人類史的に進歩的な方向性の正反対。資本の文明化作用のもと諸個人が世界史的諸個人として陶冶されるのが資本主義時代です。

朝テレビつけたらたまたま横浜の鶴見が紹介されてました(「とくダネ!」)。

http://blog.fujitv.co.jp/tokudane/E20120831002.html

鶴見に沖縄料理や南米料理が集る地域があるって知らなかったんですけど、インタビューされてたペルーの人が美人でした。ペルー料理食べに飛んでいきたい。

------------------

註記的覚書(9月8日)

脱原発について。もしもフクシマを忘却して原発推進に向かうなら、自由な人格の尊重が、物象的な剰余価値の運動に敗北したということであり、平たくいえば人間の論理が利潤の論理に敗北したということです。逆にいえば、誰の目にも、人間の生存こそが第一であり安全を第一に考えねばならないということが公開されており、民主的成熟がみられること。

グローバリゼーションがもたらす軋轢について。それが私たちに語っていることには、諸人民が各々の国家権力を相対化し平和と相互尊重のための共同の戦線を張らねばならないという人民的共同の客観的要請、国際協調のシステムの陶冶の必然性が含まれています。社会保障という人権の発展にとっても、生態系の保全にとっても、「ディーセントワーク」の実現にとっても、「社会的包摂」の実現にとっても、万国の自由な諸個人の連帯が不可欠の鍵となります。地域的・国家的・世界的な諸関係を連結する資本の運動をいかに私たちが制御していくのか。「持続可能な発展」Nachhaltige Entwicklung / Sustainable Development を国際スローガンにするまでに国際的公共性が深化している現代において、事柄の本体は、生産手段の非人間的・非人格的な集中によって推し進められてきたこれまでの対立的な発展のありかたを、グローバルな民主制による地球的生産過程の制御にもとづく、調和的に媒介された発展のありかたへと、人権がグローバルな内実を獲得した、対立性を止揚した発展のありかたへと転回していく、労働の人類史的な転換運動にほかなりません。疎外された労働は資本を介して、人間は資本という対立的自己によって、国家という統合を超えグローバルな類的本質を形態化しつつあります。

追記(9月26日)

続き書きました。グローバル銭湯 2
by kamiyam_y | 2012-09-01 03:32 | 現代グローバリゼーション