さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

有機化合物入り粉ミルク

メラミンって、プラスチックの食器とかの原料でしょ。小麦粉に茶碗の原料である土を混ぜて売るようなもんですね。タンパク質含有量は窒素で調べるので、薄めた牛乳のタンパク質含有量を高くみせるために、その6割が窒素であるメラミンを混ぜたということのようですが。

毎日jpの次の記事にいうように、この組み合わせは「想定外」。食器製造の原料を食品に混ぜて買手を欺くなんて、たしかに。
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20080921ddm003040169000c.html

ただ、ペットの前例もあったので想定外といいきっていいのかはちょっと疑問が残ります。

商品流通はそもそも共同体の外の他人との交換ですから、他人の生産の現場は共同体の外。このことによって流通は拡がるわけですが、同時に、共同の絆のない相手からだまされる危険性がつねにある。共同の絆がないので買ったモノをあとから調べるしかないのですし。

単純にいえば、商品流通を介した消費者が流通の向こう側の生産者にあらためて接触する必要が出てくるのは、生産物(使用価値)に異常があるときです。買った後でその生産物(使用価値)の異常が感覚的にはわからず、被害が出てからという危険性がつねにあるわけです。

しかし、資本制的大工業においては、資本という生産者は科学を利用して巨大な影響力をもって商品を売る。化学物質は無数にあり、これを消費者個人がチェックすることは不可能です。被害が出てからでは、消費者の健康が破壊されてしまう。そこで、買った個人が商品を確かめるのと同じく、日本という共同体が内部の個人を代表してすでにできた生産物をあとから確かめる。

あとから確かめると書きましたが、共同体の諸機関の対応はこの場合消費者の口に入らないように検査するので、検査は生産流通のあとに行われるとしても、本質的には生産を規制するための予防措置といってよい。大工業の時代には共同体は生産者を外からであったとしても規制を試みなければならない。

牛乳を中国から輸入していたというのも、へえというかんじでした。

1955年の森永ヒ素ミルク事件では、翌年の厚生省発表によると死者131名だったそうで(齋藤憲監修『企業不祥事事典―ケーススタディ150』日外アソシエーツ2007年353頁)規模はちがいますけど、高度成長期に起きた事件として想起されます。

毎日新聞17日朝刊で、「母乳よりも栄養が豊富という宣伝を信じて」という母親の怒りの声が紹介されていました(「『国産飲めぬ』怒る母」)。日本でも当時「人工栄養は丈夫で頭のよい子をつくるなどと信じられることも」あった(同上書352頁)という点も似てますね。

この三鹿集団(サンルーグループSanlu Group)、ちょっと調べてみると、ニュージーランドのフォンテラという会社が提携しているみたいで、問題のグローバルさを象徴しているようです。

http://www.maff.go.jp/kaigai/2005/20051212newzealand54a.htm
http://jp.reuters.com/article/newsOne/idUSSHA33672620080913
http://en.wikipedia.org/wiki/Sanlu_Group
http://en.wikipedia.org/wiki/Fonterra

アサヒビールが中国市場での牛乳販売強化路線を打ち出したそうです(日経20日)が、安全を売りにして日本のメーカーが中国の消費者に向けて販売拡大をしようとするのも、グローバルな市場の広がりにおいては当然でしょうね。
by kamiyam_y | 2008-09-21 21:04 | 民主主義と日本社会

生産者の矜恃 補足

補足です。

購入業者名を公表するだけじゃだめでしょ。
ということで、政府は購入業者救済策をセットアップ。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080920k0000e010054000c.html

薩摩宝山の西酒造。メタミドホス検出せずという検査結果。
http://www.nishi-shuzo.co.jp/

西酒造の報告を載せている酒屋の例。
http://sakeweb.jp/sake/kurahouzan.htm
http://www.sakesake.com/item/kurabetu2/1/2-1.html

富乃宝山、年に何度か飲んでます。

美少年の自主回収の記事。
毎日jp
http://mainichi.jp/seibu/news/20080909sog00m040009000c.html

自主回収はほかにも。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000055-mai-soci
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080911k0000e040053000c.html?inb=yt

96回も農水省は三笠フーズに立入調査に入って二重帳簿に瞞されたということか。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080912k0000m040038000c.html?inb=yt

事故米転売は、三笠フーズだけではない。架空の伝票などでごまかしていたらしいが、こちらは通帳から発覚。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080911k0000m040126000c.html
by kamiyam_y | 2008-09-20 19:55 | 消費者の権利と社会的労働 | Comments(0)

生産者の矜恃

江上剛がその連載(「経済・世相を斬るPART2」日刊ゲンダイ・昨日発行)で今回の三笠フーズ汚染米不正転売事件を取りあげておりなかなか感心しました(「農水省は自主公表・回収を決断した酒造会社を見習え」)。

感心したのは、取りあげられている酒造会社の対応と、それを賞賛すべきものとして紹介し応援を呼びかける江上の態度と熱意と批判精神。事故米を買ってしまった酒造会社が農水省の判断に頼らずに自主的に公表と回収を行ってるんですね。

事故米購入企業名の公表を当初保留した農水省とは対照的に、これらの酒造会社が公表に踏み切ったことを江上は高く評価しています。被害を覚悟の上でそれを最小限にとどめるべく公表した決断を讃えています。「きっちりと公表することで、それ以上の被害の拡大を防ぐことができたと考えるべきだ」と。

江上は「僕は焼酎好きの消費者として薩摩宝山を今まで以上に飲む。また日本酒は美少年を応援しよう」と決意し、「消費者は自らを犠牲にして正直な行動をした企業を応援しようではないか」と呼びかけています。

資本主義経済である以上隠蔽も不正も自然破壊も健康破壊も再生産されましょうが、消費者問題によって企業が淘汰される時代になったといっていいほどには社会はそれなりに成熟してます。

情報公開という公共的利益は私的利益に味方し、というか、私的利益がこの公共的利益なしでは実現しがたくなる、また私的利益に任せることで公共的利益もやっとなりたつ。不正な販売も私的利益に味方しますが、消費者問題として公開された不正な販売は私的利益を否定する、その程度の市場の成熟がなかったらそもそも未来の社会もないでしょう。もちろん、私的利益というのは相互の否定であって、公共的利益が私的利益の闘争の場となってしまうことは、資本主義の不可避の運動方式ですけど。

薩摩宝山の西酒造と美少年酒造は、当事者の意識としては自覚していないかもしれませんが、客観的には、この後予想される市場からの排除を最小化するという私的利益のために、情報公開と回収という公共的利益に則った対策をいちはやく取った、ともいえるわけです。この決断が競争上今回1つの正解であればいいなとおもいます。事実を後から小出しにするよりも、先手を打って公表した方が印象がはるかによくなりますし、この場合は、購入した企業も被害者であり、被害者でありながら害を加える側になることを回避すべく自主的に回収したというのも好印象形成に寄与しますから、よい結果になればとおもいます。消費者が消費者としての投票行動を自覚して取ること(応援のために買うこと)もこれを助けうる可能性をもつかもしれない。

そこまでいわなくても元来、競争上正解といった私的利益を今回実現できないとしても、いまや情報公開は、企業が取るべき模範として、企業の公共的な責任として企業に強制されるべき振る舞いです。社会的責任を自覚した行動をとった薩摩宝山と美少年はおおいに賞賛されていい。

生産物が移動し(移動ももちろん有用な効果だ)、原料になって新たな生産物になり、これがまた移動する、こういう生産物の移動の経路を全人民に公開することを怖れる心理は、社会的生産が私的所有に分断され人々が私的利益にすがって生きるほかない社会である以上切実な根拠があるというべきではあります。公表を怖れる怯懦を恥じよと一方的に責めるわけにもいかない。欺されたあげく風評被害で倒産なんてなったら、市場の冷酷な偶然によって翻弄される個人の無力さを痛感せざるをえませんからね。

しかし、もう1つ、未来に通じる根拠ともいうべき実態があります。情報公開の必然です。情報公開の要請という形であらわれている社会的生産という根拠です。食の安全が問うていることは、生産・流通の経路に被さっているヴェールを剥いで、社会的生産を公開された社会的生産として立ち上げよ、ということ。生産と流通の流れを暗箱にしまいこむ市場経済・資本主義は、暗箱を自ら開いてしまうことを要求している。

他の事故米購入企業についても、消費者に対する情報公開こそがまず第一に優先されるべきであり、それを前提に風評被害に対する対策をセットで用意する。こういう考え方を私たちは主張する権利をもっています。風評被害を怖れて公表しないのも、風評被害対策なしで公表するのもどちらも共同体の行政機関の対応としては駄目駄目です。いうまでもなく、基準値をちょっと上回っただけだという弁解も事の本質を見ず問題をすりかえる最悪の態度でしかない、蛇足ながら。

農水省とは独自に率先して公表し自主回収した酒生産者はまさにこちらの生産の社会化という根拠にのっかって行動したのであり、この酒生産者の勇気をここで讃えることには、単に個人の勇気を褒める以上の大きな意味があります。

流通経路の公開に怯え躊躇うことよりも、消費者に対して、全人民に対して公開することを選んだ生産者の矜恃と勇気、これをここで讃えることは、すなわち、あらためて消費者の権利を確認することでもあるだけではなく、よき有用物を生産する労働者の誇りを賞賛することでもあり、流通において、また流通という形の社会的生産においてつくられた共同性を確認すること、流通と生産の総体が事実上働く人々の共有財産として形成されていることを確認することなのでもあります。
by kamiyam_y | 2008-09-17 21:55 | 消費者の権利と社会的労働 | Comments(0)

少子化異論

少子高齢化の危機を煽る流れに対する異論を1つ、たまたま見つけました。伊藤元重「少子化への対応」(『静岡新聞』8月30日土曜日朝刊3面「論壇」)なんですけど、なるほどとおわせる数字が紹介されてました。従属年齢人口比という数字で、現在35%だが、じつは、かつて1950年にはそれをこえて40%であったのだそうです。

従属年齢人口比とは、14歳以下と65歳以上が人口中にしめる割合で、伊藤が主張するには「子どもが多いのか高齢者が多いのかの違いはあるが……従属人口が多いことにあまり過度な危機感を持ってはいけない」とのこと。

ふむふむ。

私の言葉にかえていえば、直接的生産に従事する労働者が、本人と家族が消費する労働生産物よりも多くの労働生産物を生産するのが文明の進歩です。

ですから、可能性としては、少子高齢化は危機ではなく、人間が生き生きと長生きできるいいことでしょう。

とはいえ、実際には、労働生産物の流れはグローバルな資本の活動によって規制されてますから、問題はそこをどうするかにあるはず。

医療や年金は現在の制度を前提すればたしかに税率アップの話かなともかんじますけど、取るだけ取って自分たちだけは安泰にしといた官僚が少子高齢化の危機をうったえるのは説得力に欠けます。
by kamiyam_y | 2008-09-08 23:27 | 経済成長と生活 | Comments(0)