さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【物神崇拝 Fetischismus】

▽ 寒いなか、天気予報はウソだ、寒くなんかない、と念じて歩きまわったせいか、風邪をひき、昨晩は11時間も寝てしまいました。たいへんにスッキリした目覚めでございました。

▽ 最高裁も大がかりな捏造に参加。

保坂展人のどこどこ日記 「裁判員制度タウンミーティング」とメディア支配

これからは権力の広告には、広告という文字が入りませんから気をつけるように。

▽ ちょっと物神崇拝について確認です。

【物神崇拝 Fetischismus】

……ここで人間にとって諸物の関係という幻影的な形態をとるものは、ただ人間自身の特定の社会的関係でしかないのである。それゆえ、その類例を見いだすためには、われわれは宗教的世界の夢幻境に逃げこまなければならない。ここでは、人間の頭の産物が、それ自身の生命を与えられてそれら自身のあいだでも人間とのあいだでも関係を結ぶ独立した姿に見える。同様に、商品世界では人間の手の生産物がそう見える。これを私は物神崇拝と呼ぶのであるが、それは、労働生産物が商品として生産されるやいなやこれに付着するものであり、したがって商品生産と不可分なものである。

……生産者たちにとっては、彼らの私的諸労働の社会的関係は、そのあるがままのものとして現われるのである。すなわち、諸人格が自分たちの労働そのものにおいて結ぶ直接に社会的な諸関係としてではなく、むしろ諸人格の物象的な諸関係および諸物象の社会的な諸関係として、現われるのである。

このような諸形態こそはまさにブルジョア経済学の諸範疇をなしているのである。それらの形態こそは、この歴史的に規定された社会的生産様式の、商品生産の、生産関係についての社会的に認められた、つまり客観的な思想形態なのである。

(『資本論』第1篇第四節「商品の物神的性格とその秘密(Der Fetischcharakter der Ware und sein Geheimnis」岡崎訳、ただしFethischは「呪物」から「物神」に、Personは「個人」から「人格」に、「物」はSacheを「物象」に変えた。)


マルクスの物神崇拝論の核心は、商品生産における《私的諸労働》の理解にある。労働の自己解体的なありようが物神に屈折している。

私たちは金属や紙をカネだと疑わず、他の商品を引きよせる力がそこにあることを確信している。だが、物理的素材としての金属そのものや紙そのものに、カネのカネたるゆえんがあるのではない。

これはカネだという約束が紙をカネにしているのでもない。約束が妥当するには、約束以前に紙がカネとして機能できなければならないからだ。崇拝されるには実際に貨幣に力がなければならないといってもいい。

この貨幣の力を人間自身の労働の関係として発生的につかみなおすことが学的理解になる。

人間は労働において人格として社会を構成する。ところが、商品生産においては、労働において人間は結びあわない。交換における接触のみが社会的関係である。交換されねばならないものとして生産された商品(貨幣)に力がある。物象に力がある。

物象の結びつきは、自然物の結びつきに見える。貨幣が人間を支配する労働における転倒は、人間が自分たちの産物なのにそれを物として拝むという転倒によって、いわば隠されている。

転倒は経済学の範疇として固定化される。それゆえに、経済学批判として、生産様式の批判的理解が遂行される。労働にもとづく社会の再認識はすぐれて《批判》なのである。

商品生産の物神崇拝が資本の秘密を消し去ろうとするならば、次の事態はその逆である。

「労働能力が生産物を自己自身のものだと見抜くこと、そして自己の実現の諸条件からの分離を不埒な強制された分離だと判断すること、――これは並外れた意識であり、それ自身が資本にもとづく生産様式の産物である」(「経済学批判要綱」『マルクス資本論草稿集②』S.371)。「労働能力が生産物を自己自身のものだと見抜くこと、そして自己の実現の諸条件からの分離を不公正Unrechts――強制関係――だと判断すること、――これは並外れた意識であり、それ自身が資本にもとづく生産様式の産物である」(「1861-1863草稿」『マルクス資本論草稿集⑨』S.2287)。


労働の転倒を労働する諸個人が自覚することは、それ自身資本の産物なのである。
by kamiyam_y | 2007-02-28 20:23 | 資本主義System(資本論) | Trackback | Comments(0)

ビジネス的デスポティズムあるいは慈悲深き独裁

久々の更新です^^;

自宅のデスクトップがいかれてしまいました。MSに納めた十分の一税は、デジタル貧民の救済には向けられないのでしょうか。出張用のノートパソコンを引っ張り出してみたものの、小さなキーボードも小さなモニターも苦手です。

交差点でカラスの糞を受けとめました。頭にぐちゃっとおちてきた瞬間、見上げると青空に飛びたっていくカラス。「運がついた」なんて変なフォローいらないですけど、ティッシュで拭き取ったら、いいもん食ってるのか、いい土になりそうな糞でした。

人類の悩める頭に尿酸混じった糞尿を落として去るカラスの自由よ。

とでもいいたくなるところですが、畜生への憧憬は無用。彼は飛ぶことしかできないから飛んでるだけです。会社の奴隷になることすらできません。人間は自由だからこそ奴隷になるのですよ。

ビジネス的デスポティズムあるいは慈悲深き独裁

企業内部の非倫理的慣行や法令無視を暴きたてるメディアの情熱に対しては詮索はしないでおく。個々の事例ではなく、以下では、視点を少しばかり上に引き上げて対象を俯瞰しなおしてみたい。

企業と犯罪という二つの単語をつなげただけの「企業犯罪」というありふれた言葉も、あらためて考えなおしてみると、とても奇怪な事態を示す言葉に見えてくる。

「自由平等」「所有」「利己心」といった決まり文句を扉に記した空間から出ることなく、【企業が犯罪をする】現実をつかもうとするならば、それは逆立ちした奇怪な事態として現れる。

「近代」を説明するために人々が集まるこの空間では、生身の人だけが確固たる存在とみなされているのだから、企業なるものが人と同じ主体として現れるのは、あってはならぬ歪んだ仮の現実なのだ。

生身の人ではない企業が意思をもった人として現れることは、「近代」の立脚点だと認知されているこの空間を破壊する事態が出現したことを意味するのである。

あの人やこの人の意思ではない企業の意思なるものは、この空間では「所有」にもとづく株主の総意でなければならない。だが、それは1つの虚構にほかならず、この虚構は虚構としてすべての人に了解されうるほどに解体してしまった。

私たちの現在とは、「近代」を説明するこの空間が、あるいは近代そのものとして現れたこの空間がそれ自身で立ち上がっているのものではないことを、潜在的にはあらゆる人が了解しうる時代である。「自由平等・所有」という近代のこの理念的空間の外部に現実の真の形成者が存在していることが、隠されているのではなく、そこかしこで示されている。

Management would discharge its duties by being a benevolent despot. As in all benevolent despotisms, no one tried to define what those “best balanced interests”were or should be. Worse still, there was no attempt to make management accountable to anyone.(Peter F. Drucker, Post -Capotalist Society ,New York,Harper Collins Publisher, 1993, p.92.)

そして経営管理陣は、組織内において博愛専制であることによって、その責務を果たすことができるとした。しかしこの博愛専制は、他のあらゆる博愛専制と同じように、「最も均衡ある利益」とは何であり、何であるべきかについては、明らかにしなかった。さらに悪いことには、経営管理陣に対して、何者かに対して責任を負わせる試みも行なわれなかった。(ドラッカー『ポスト資本主義社会』上田惇正・佐々木実智男・田代正美訳、ダイモンド社、1993年、145-146頁)


ドラッカーは、所有権を持たず所有権の拘束から脱した専門経営層の出現がひきおこす、社会空間の深刻な裂け目に着目している。この経営専制は誰のために、何にもとづき構成されているのか。生身の人の所有に制御されずそれ自身の意思をもつような権力は、「近代」が自分を説明するための舞台を破壊してしまった。

独自の専制権力として現れた経営は、専制権力のご多分に漏れずというべきか、自らを対立しあう利益の平均値だと称することによって自分自身の土台を確保している、と錯覚している。

引用文中のbenevolentは、慈悲深い、博愛の、仁慈の、慈善のための、善意の、好意的なといった意味をさし、その類義語のphiranthropicは、人類の福祉に関心を寄せるありようを、charitableは、貧しい人に与えることなどを示す(『研究社 新英和大辞典 第6版』2002年から)。

Enlightened despotismといえば啓蒙専制君主だが、ここで言われているのは、benevolent despotisms。この「博愛専制」は、いってみれば褒め称えられるべき慈悲深い君主、神の人格的代表としての君主、とでもいえようか。個体の行為が自発的に人類の福利を導く神の行為であるような博愛を、共同体の意思としての君主が体現する。分裂した現実を覆いかくすこのありえない世界、幻想は企業の権力において再現されるのか。

企業の専制権力に対して「企業倫理」「社会的責任」が要求され続けている。このことが意味する発展は何だろうか。さしあたり指摘するべきは、この権力が、無差別な「私的所有者」による自由平等な合意という虚構を飛び出してしまっているということだ。

この虚構の内部に止まるならば、「企業倫理」「社会的責任」など要求されるはずもない。

「近代」の単純で形式的な「所有」の「法」の外側に、権力として現れている共同的関係は、労働の社会的関係が積み重なって出来上がっている。「企業倫理」の要求とは、誰もが破ってもよい道徳によって、企業の自発性に期待することによって、企業の利潤追求の矛盾を隠すにとどまらない。

この要求は、労働の社会的関係に即した規範を生みだす試みであって、社会的生産の発展が単純で形式的な私的所有の法だけではもはや対応できないことを示す。加えて、この倫理を破ると「市場による淘汰」という経済法則の制裁を加えられる可能性もある。

しかし、この「企業倫理」「企業の社会的責任」は、企業による規範の突破、企業犯罪と補完しあっているようにみえる。犯罪へと誘引する経済法則が働くからこそ、社会的責任の要求は消滅しない。「博愛」はどこまで行っても経済の論理の本体には届かないという部分を残す。

企業の権力の公共性が君主の「博愛」や権力の「慈悲」によってしか担保されないものならば、どこまで行ってもこの権力は働く人々のものではなく、彼等にとって外部の存在に止まるというほかはない。

神を利己心の闘争の世界に売り払った近代は、神ならざる神、すなわち貨幣を、人間の統一性を仲立ちするものにした。この貨幣は労働を吸って肥大することによってのみ存在する主体となっている。主体となった企業の権力は、貨幣の人格的代表のようでもある。

自立した企業の意思は企業の意思ではなく、それはもはや意思と呼べるものではなく、生身の人と衝突する経済的諸利害の衝突であって、物象の意思とでもいうほかない経済法則なのだ。企業が社会的規範を引き裂くことは、物象が人間的関係を引き裂くことだ。物象とは生身の人と敵対する形で形成された、彼等自身の社会的生産の編成運動である。

生産組織の「博愛専制」は、社会的生産が真の社会的生産に転換する地平が現れることを指示している。
by kamiyam_y | 2007-02-21 00:04 | 資本主義System(資本論) | Trackback | Comments(0)

率直なる転倒

子供を「産む機械」だけじゃなく〈利益に貢献する労働者〉だって転倒している

というようなことをこのまえ書きました(こちら)。日経連の「雇用ポートフォリオ」など、この転倒をストレートに示す言葉、ほかにもあるなと思い出していましたら、ちょうどまた、斉藤貴男の文章が、「労働者は製品だ」ってハッキリ言ってる例を取りあげてました。

『日刊ゲンダイ』2月6日号の「二極化・格差社会の真相」です。斉藤がとりあげている高橋宏首都大学東京理事長の私大経営者の会合での挨拶がそれ。

斉藤は、柳沢厚労相の女性蔑視発言について、それをエリートが共有する《人間》蔑視だとしてより一般的に捉えなおしています。
《人間を蔑むこととリーダシップを完全に混同している》。


この文脈で斉藤が取りあげた例の1つが、この高橋とかいう人の挨拶。いわく、


「大学の役割は民間の会社と同じだ。原材料を仕入れ、加工して製品に仕上げ、卒業証書という保証書をつけて企業へ送り出す」


これまた超ストレートに物神崇拝を表出してます。生産関係の物象化を自明のものとして疑わない信心です。

大学は人のモノ化の装置である、大学は企業に対して利潤を生むための部品を納品する下請け機関である。企業のために奉仕せよ、お国のために死ね、それが公共的なのだ。学問する自由人ではなく、社会的生産に供する奴隷を納入せよ、批判精神をもった市民ではなく、従順でよく動く家畜を納入せよ。

とまあ、とてもすなおに倒錯を語ってるわけで。

高橋とかいう人の個性という偶然的なものを通して、経済法則の衝動が人格化している、あれこれの個体において、利潤(剰余価値)追求という強制法則が、強制法則として自覚されず、そのまま人格化されている。
誰もが物神崇拝から逃れられないし、経済法則(物象化された生産関係)による人間支配という倒錯をあからさまに語って恥じないエリートも、関係の歯車にほかならない。とはいえ、このようにあからさまに語る役割は、それ相応の人柄や性格というものをつくりだすのでしょうね。

人間としての教養のある人は、無批判にこんなこと語ったりしませんから。
by kamiyam_y | 2007-02-07 23:42 | 労働論(メタ資本論) | Comments(2)

新国家資本主義

女性は「産む機械」と言ってしまう柳沢厚生労働大臣は、もっとも厚生労働省にふさわしくない人ですから、女性蔑視発現を忘れないためにもずっといすわってもらいましょう。

ここであえて拡げれば、「人材」という言葉も似たり寄ったりですね。

実態として労働力は材料といっしょにモノとして買われ、生産においてモノとして作用してます。労働力は資本の源泉であり、企業にとってのカネの源泉です。労働者にとって、労働力は生活手段を得るためのモノであり、生活手段もまた労働力をつくるためのモノです。

しかし、人が主人公という近代社会の合意をモニターにしてみると、人はモノ=材料ではないので、「人材」という表現は、転倒した表現であり、実態の追認です。

会社の利益に貢献したかどうかで賃金を決められる制度は、労働者を利益(剰余価値)を「産む機械」としてみてますから、もっとみんな怒ったほうがいいのではないかな。

▽▽△ ▽▽△

日経新聞が「国家資本主義」という言葉をつかったのにはびっくり。

日本経済新聞1月18日(木)朝刊一面に掲載された「新国家資本主義の波-ロシア・中国の台頭-下」です。

記事は、中国共産党政権が外資をも自分の統制下において《監視》を《高度化》していることや、国家の強力な後押しで《中国版メジャー》のような巨大資本がグローバル経済のなかで成長していること、《民主化や人権》を押しつけない中国が《アフリカの指導者たちをひきつけている》ことなど伝えています。この中国のモデルが、地球化する資本主義がこれまで成長させてきたルールに縛られずに「国家」を前面に押し出すことで、不安定化の要因をもたらしうる、ということにも記事は触れています。

とりわけ注目すべきは、この記事が、ロシアと中国に対して、「新国家資本主義」という言葉を用いている点です。しかも記事はこの「新国家資本主義」を「成長モデル」として捉えています。

資本に発展しない市場を希うのは愚かなことだ、「社会主義市場経済」なるものはおよそ存在しないのない観念だ、その実態は「国家資本主義」にほかならない、という理解が日経新聞に使われるくらい常識になったのでしょうか。

もちろん、この記事は、「国家資本主義」概念によって、20世紀の「社会主義」をどう把握するかという理論的実践的問題を論じているわけではありません。20世紀社会主義は、マルクスの述べた資本主義の後の「自由な人間社会」ではなかった、自称社会主義は、マルクスが資本主義の分析のなかでつかんだ未来社会の萌芽が資本主義の衣を突破して展開した姿ではなかった、という理論的な話をしているわけではありません。

あるいは、働くことによって人々を支える人々が主人公となる社会をつくる、という革命の理念、社会のタテマエが、働く人々が搾取され、専制的に支配されている、という実態に転回する、という「社会主義的所有」の矛盾(ブルジョア的所有の変種)を論じているわけでもありません。

しかし、この記事は、「国家資本主義」という言葉を用いて、資本蓄積の国家主義的な姿態を論じている。この構えが面白いわけです。中国を資本主義と呼ぶわけですから、現存社会主義はマルクスの社会主義とは似ても似つかぬものだ、と事実上新聞社の常識が主張している。

中国の「成長」の実態は、専制的な共同体(国家)という重たい鎧をかぶって、世界市場における資本の相互実現に参入している資本の運動(資本主義的な生産)でしょう。あるいは資本の世界的連関が生みだしている「成長経済」。

では、「新国家資本主義」のどこが古い「国家資本主義」とくらべて新しいのでしょうか。それは、記事から離れて、一言でいえば、まさしく古い国家資本主義そのものの死を経たという点、すなわち、ソ連・東欧崩壊後だという点であり、旧社会主義崩壊後の大競争における、グローバル資本主義における国家資本主義であるという点でしょう。強力な国家統制モデルをふくんで世界規模で成熟する「最新の資本主義」が、資本主義を分解する諸成分をどのように生みだしていくのか。とりあえず、この国家主義モデルが世界資本に対して与える衝撃は、このモデル自体に跳ね返って解体的に作用する可能性があるとだけ言っておきます。
by kamiyam_y | 2007-02-04 00:59 | 現代グローバリゼーション | Trackback | Comments(0)