さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

ライブに行こう!ライブで遊ぼう!(4)

Tower Recordで買いました、STRAIGHTENERのトリビュート。豪華です。
ACIDMANの「SIX DAY WONDER」、 majikoの「冬の太陽」、9mm Parabellum Bulletの「Melodic Storm」という流れが特に気に入ってます。9ミリの音の厚みすんげえ、ええなあと。

Have a Nice Day!の「Fantastic Drag feat.大森靖子」。ハバナイと大森靖子の融合がつくりだす世界観。ハバナイは近いうち参戦する予定なので。MVは、ディレクターをエリザベス宮地がつとめ、紗倉まなが出演しています。なかなかいい演技していますね。やっぱり大森靖子はすげえ。紗倉まなも大好きだ。



SHAKALABBITS、最高に好きなバンドなんですが、年内で活動休止です。これ観たらもう、泣けて泣けて泣けて、やばい。2011年の震災直後なんですよ。シャカラビストの合唱に泣け、UKIの歌声に泣け。



「ライブに行こう!ライブで遊ぼう!」というタイトルは、UKIがMCでライブハウスに遊びにくることの素晴らしさを語っていたことを思い出してつけました。楽しいよ、ライブハウス。そこに行けば同じ思いの仲間が集まっているし、こんな素敵な空間はないと思う。静かに観ても、汗まみれになっても、楽しみ方はみんな自由。自由に楽しんでみんなが一つという真に人間的な時間。大きな喜びの源になること間違いありません。(終わり)

# by kamiyam_y | 2017-11-09 21:23 | 近況報告/純私的日記

札幌豚カツ屋事情(補足)

子供の頃は毎朝豚カツを食べていたので、「豚カツ坊や」もしくは「豚カツ小僧」と呼ばれていました。というのはウソにきまってますが、最近も週に何回かは食べてます。たいてい「和幸」。

以前「札幌豚カツ屋事情」で豚カツ屋が「さっぽろ駅」に集中していることを書きました。その後の追加と修正です。札幌市営地下鉄南北線「さっぽろ」駅と「すすきの」駅を結ぶ地下街ポールタウンに「和幸」が開店しています。


もうひとつ追加。中央区から離れ、豊平川を渡りますが、「こだわりとんかつ かつ徳 豊平店」です。36号線沿いで大きな看板が出ているので、車ならすぐにわかります。地下鉄なら東豊線「学園前」から少し歩いて36号線に出ればよい。同じ北一食品グループの「回転寿しトリトン」の隣。

白米か五穀米、味噌汁か豚汁を選べます。体を動かした日とか、朝食を抜いたため空腹だというときには、厚い衣のボリューム感に助けられるぜよ。

今年のはじめに入ってそのときの限定メニュー「寒ブリかつ」がおいしくて、再び出会えないかと最近食べに行くのですが、出会えません。期待が膨らむほどに実際に食べたときに「たいしことない」と思う危険性が高まるので、あまり考えないようにしてますが。直近では礼文島産のホッケのかつを喰いました。

# by kamiyam_y | 2017-10-16 23:27 | 近況報告/純私的日記

ライブに行こう!ライブで遊ぼう!(3)

ちわっす、おはっす、お休みな。

山形の「楯野川」という酒が好きなんですけど、精米歩合1%という磨きに磨いた大大大吟醸ってな純米大吟醸を出したんですね。1本10万円。あー、五勺飲みたい(おちょこ一杯)。でも一生飲む機会なさそう。

酒のつまみはいろいろありますが、揚げ銀杏なんていいですね。秋になるとくさいんですよ、タイヤの下の銀杏の実が、なんてタクシーの運転手が言ってました。札幌大通りもこの前1本紅葉してる木を見たんですけど、これからですね、銀杏が鮮やかな黄色になったり。定山渓あたりはすでに紅葉シーズンらしい。無難な飲み屋話してみました。

ヤバTは私としては曲によってはそのコミカルさ、バカっぽさにやりすぎかなとおもうことがあるんですけど、一昨日発表されたこのMVは、ほとんど無意味な歌詞がありぼぼと小山の疾走感あふれるボーカルに載せられ、かっこよく仕上がってると思います。


04 Limited Sazabys、最近大好きなんですよ。こちらのASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュートアルバム、yonigeの「ソラニン」に続いて「未来の破片」を04 Limited Sazabysが担当してるんですけど、ゴッチの骨太な歌い方とは異なる高い声とスピード感がかっこいい。

2014年の「monolith」。ELLEGARDEN好きだった人には、GENのハイトーンボイスを乗せたメロコアは絶対好きになれます。ってわしですけど。


ほんと響いてくるぜ。何度でもいうが、ええ。

# by kamiyam_y | 2017-10-08 23:45 | 近況報告/純私的日記

ライブに行こう!ライブで遊ぼう!(2)

今日わ、おはよう、お休みなさい。

大谷翔平は札幌と北海道の人民の最高の誇りだな。最後かもしれない今日も3-0完封、4番打者。伝説をつくれる偉人だす。無難な飲み屋話してみました。

前回、大森靖子がカヴァーした曲として欅坂46に触れましたけど、ニューシングルはどうでしょう。アイドル好きでそのアイドルが国民的人気でかつ社会を変えたい人も、地下的アイドルが好きで反体制な人も、世界を変えたい熱いデモクラシーの思いを抱くあらゆる人々も、最大限綱領(みんなの納得する最大の目標、共通の社会理解)として押せるアイドルが今や欅坂46なのではあるまいか、と。「笑顔」を喜ぶ声もありますが、まず第一に革命的なのはパンツルックでしょ。全員パンツ・ルック、ネクタイにスーツ。革命党派の一員として私としてはここを高く評価したい。アイドルのMVでほかにあるかな。全員が平手友梨奈と同じくショート・カットにしたらもっと面白そうですが、ロングヘアーも捨てがたいので、これでよろしい。


前回PASSPPO☆と大森靖子を観ましたが、別のものを紹介しましょう。好きになってくれれば幸いかと。ライブで見かけたら声かけてくれるとうれしいかなと。

「バリケードからSteppn' out」の箇所最高。パンク・スピリットが生き生きと貫いてる。


大森靖子は、彼女自身の歌うMVももちろんいいですが、今回は彼女が楽曲提供したアイドルのMVを研究してみましょう。大森靖子の熱量と角度を堪能できる作品だと思います。メンバーのスマホ動画をもとにつくった映像が今をつくる都市やそこに生き今を生きる若者をうまく表現しています。


アイドル3連発、選んでみました。

# by kamiyam_y | 2017-10-04 23:11

ライブに行こう!ライブで遊ぼう!(1)

お休み、おはよう、今日わ。

台風が過ぎたそのあとの一昨日、20時過ぎくらいでしたか、南郷7丁目にいたら、すんげえ雨、突如。少し心躍る豪雨。ビルの出入口やらコンビニに避難しつつ、その間、雷20連発。20は嘘ですが、何度も照明弾みたいに(見たことないですけど)明るくなったり。遠くが光ると数秒後にゴロゴロ音が来る。

今日は大雨のおかげで大気が澄んだのか、遠くまで見える気持ちのよい天気。家帰ってから、PASPPO☆と大森靖子聴いてた。

PASSPPO☆は、2014年のメンバーの話しあいで「アメリカン・ガールズ・ロック」でいくぞ、って確認していて(https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=5KKX-v08Lhk)、最新のアルバム「Cinema Trip」は、世界の人民が陽気なアメリカとしてイメージする妄想をパロディーにした作品、というと深読みに思えますが、すごく楽しい。このアルバムは、飛行機で見るアメリカ映画をコンセプトにしており、そのなかのB級ゾンビ映画を素材にした曲がこれ。アルバムで聴くのもいいし、ダンス・ショット ver.のMVも面白い。マイケル・ジャクソンの「Thriller」を思い浮かべる人もいるかもしれない。

ゾンビメイクがかわいい。


欅坂46のオリジナルもアイドルらしからぬ無表情が素敵ですが、大森靖子のこちらも解釈に深みがあって、両方聴くといい。反体制的な歌詞が素晴らしい。みんな声を上げろ。


*前の記事に加筆して、タイトルを変えました。

# by kamiyam_y | 2017-09-21 22:45 | 民主主義と日本社会