さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

正社員/非正社員の分断を越えること

ニンテンドーDSの「DS文学全集」で読書してみました。DSを縦にして持つとちょっと本みたいです。質問に答えていくとお薦めの本を示してくれる「本の案内」から入ったら、安吾くんの『堕落論』を薦められました。

でも私が読んでるのは、葛西善蔵『子をつれて』。貧困と借金に詩を感じさせる作品です。最後まで読むか分らないですけど。画面上で栞を挟んでおきました。岡本かの子も途中まで読み、マキノ雅弘監督・山田五十鈴主演『婦系圖』1942年(見てない)の原作の泉鏡花もそのうち読もっかなとも。

本というパッケージでは紙質やデザインを作り手からの贈物として楽しみますが、DSでは、本体のデザインや質感を楽しみます。100作品は物体としての本だと重たいですが、小さなメモリーでは手のひらに入ります。さらにDSはBGMを選んだり、ゲーム的遊びの要素が加わります。一覧性や眼に対する優しさでは、紙という媒体には劣るとはいえ、コンピュータを介した言語的コミュニケーションが発展していくことは革命的です。DS文学全集:収録作品一覧

DS革命について宣伝してしまいました。

DSにはあらすじ機能もあります。知ったかぶりをしたい人や、読んだ気になってみたい人には使えるかもしれません。

『蟹工船』をあらすじだけで読んだら、どうも没頭できず、えっ、こんな話だったの、という驚きを感じたりもしました。カムチャッカに漂着して助けてくれたロシア人が「みんなで力を合わせて金持ちをやっつけなさい」と教えてくれた、とか。なんかヘンです(立派な作家の立派な作品であることを否定しているわけではありませんから誤解なきよう)。

-------------------------


2日の朝日新聞にロフトが「パート、契約社員、正社員の区分をなくし」「勤務時間に関係なく正社員になれる仕組み」を実施することを伝える記事がありました(14版1面)。しかも「短時間勤務の人も含め大規模に正社員化する」のだと。

ロフトが全パートを正社員化へ - goo ニュース
asahi.com:ロフト、全パートを正社員化 短時間勤務でも - ビジネス

少なく働いても正社員か。

もしも仮に、労働時間が1日3時間の正社員だけというような状態の社会が実現したとしたら、これは、あらゆる賃銀労働者を、よい意味での非正規雇用におくことと同じです。非正規雇用に期待され非正規雇用のすばらしさとして喧伝されるのは、【好きなときに好きなだけ働く】という働き方ですから。

しかしこれは実現しないでしょう。

あるいは仮に、短く働いてもいいというタテマエの正社員を増やして、正規雇用と非正規雇用との形式的な壁を取り払うことが社会全体に行き渡るなら、どうでしょうか。

これも中身としては実現しない。つまり短く働いてもいいという契約はあってもじっさいにはみんな長く働きます。

あらゆる労働者を正社員にすることで非正規雇用をなくすことは、そのじっさいのところは、賃銀労働者のおかれた貧困や差別を一般化することを意味します。

あるいは、非正規雇用においてあらわであった無権利状態、差別を一般化することであって、あらゆる賃銀労働者を、悪い意味での非正規雇用におくことと同じでしょう。短時間正規雇用とは、【資本が好きなときに好きなだけ働かせる】非正規雇用の一般化になるのかもしれない。

あるいは、労働者間の正規/非正規の格差をなくすことは、労働力という商品の売買契約、この商品の使い方を統一することでしかなかったりするにちがいない。

問題は壁をなくすことのむこうに開けている。

だれもが短時間しか働かない正社員からなる社会が実現しない理由は、ちょっとかんがえるだけでも出てきます。

少ない時間で働くことがタテマエ上可能でも、正社員ですから、時間が空いているからといって他の企業では働けないのではないか。

労働力を商品として労働者が売るためには、労働力を再生産するための消費手段が必要であり、これを手に入れるためには労働者はこの消費手段の生産に要するよりも多くの労働を資本に捧げなければなりません。資本に雇われるためには、資本が用意するより多くの貨幣をもたらさなければならない。賃銀労働者は長時間労働しないと、生活費は稼げない。

労働時間を延長すること、生産した商品を吸収する消費を拡大することは、資本蓄積の至上命題です。好きなだけ短く働くことは阻止されます。無政府的な生産を駆り立てるのはこの至上命題です。社会的生産過程に対する社会的規制がなければ、「だれでも短時間労働」社会は実現しない。

正社員非正社員の格差がなくても、資本にもとづく生産様式であるかぎり、自由な労働は、社会的生産から疎外されている自由におかれたものであって、強制された労働です。だれもが強制的労働から解放されならそれは資本主義ではありません。

だれもが短時間労働で生きていける状態は、資本蓄積を目的としない生産様式を条件としています。短時間労働を真に実現する状態は、自由な意思で働くことが社会的に他の個人の自由な欲求を満たしその成長を支えることとして措定されている状態であり、人が強制的労働から解放されることであって、だれもが自由な個性を発揮し育成するように労働することですから、現在の資本賃労働関係においては不可能な話です。

だれもが短時間しか働かない正社員からなる社会が実現しない理由は、こんなふうに、あげられます。資本主義社会である以上実現は困難だということになります。

とはいっても、正社員化のこの試みは面白く感じるのですよ。資本の限界内でいろんな試行錯誤があるわけであり、それが資本に対する規制や、労働者の権利の拡大につながりますし。

個別の企業であればロフト的方向にもメリットがあるのでしょう。

日本の最近の格差社会化の元凶とされている非正規雇用化に対してそれを改善しようとする社会的意識の高い企業、という評価を得ることもありえるかもしれません。

そういう企業の社会貢献の裏では、厚労省による正社員化後押しの動きを先取りしてはやく適応体制を準備するとか、他の企業と差異化して賃銀労働者の忠誠心を買い取るとか、労働力の働きぶりを高めるとか、労働に対する参加意識の低い非正社員を減らして不祥事を防止するとか、逆に内部告発の機会を減らすとか、排他的で利己的な利益があるはずです。社会正義は他人を出し抜くことであり、格差社会を改善する社会善は、他人を欺すことに裏打されています。皮肉ではなくて、いや皮肉もありますが、これが物象化された生産関係というものです。社会の存立の様式として公共善は排他的利益なのです。
by kamiyam_y | 2008-03-11 23:55 | 企業の力と労働する諸個人 | Comments(0)