さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

剰余人口Surpluspopulation(3)

宮沢章夫『東京大学[ノイズ文化論]』白夜書房・2007年7月)を読んでいたら、「3人デモ」という動画が講義の素材としてとりあげられていました(313頁)。

You Tubeで確認したら、えれえ面白い作品。若者3人が届け出てデモをするんですけど、公安に監視されちゃってる。YouTube - WE ARE THE THREE (ONLY!)

映画としても発表されるようです。
イルコモンズのふた。 : ▼映画「素人の乱」公式上映会

「3人デモ」を扱った評論をみつけましたが、ちょっとむずかしい。
I Get Around The Media 楠見清のメディア回游 - YouTube as a Guerrila Television

---------------

(続き)

集積された生産へ

交換が集合するだけでも生きたシステムにはなりません。交換が引っぱってくるのは、労働能力です。

資本は、買い集めた労働能力を、労働者の人格から切り離して、集積します。労働者にとって他人の力として、労働能力の集合体が作用します。

「ここではもはや、一つの資本が彼らに対立して、交換の行為における社会的集合力として現れ、その結果この資本において多くの交換が一体化されている、というだけでなく、一つの資本が労働者たちを、一つの場所で自己の指揮のもとに、つまり一つのマニュファクチュアに集めるのである。」(S.478)


交換は自己労働にもとづく私有を前提していますが、交換の実現は、等価交換を止揚し、剰余価値の無償の取得を交換の土台にすることでした。この労働収奪は個々の労働者にとどまらず、組織された集合的な労働者からの収奪です。

交換は、社会が孤立しあう諸個人に分解することを前提しています。この前提に敵対して、諸個人は集合的労働力の一分肢として活動します。社会的分業は孤立しあう労働者の分業ではなく、資本の分業です。この意味でも市場は市場の前提を解体することでしか市場でありえない。もちろん、集合力は収奪として実現するから、この意味でも自由な市場は解体。

協業を立てることで、資本は集合的労働力の産物を無償で取得します。諸個人の孤立は生産のなかで強制的に止揚され、1つの指揮のもとに計画的に協働します。

資本が内部に社会をもった存在として、自分のなかに、労働者を結合する生産様式をつくりだします。労働能力の結合がもたらす働きを無償で資本はわがものにします。

「すなわち、資本はもはや、その眼前に見いだされる生産様式のなかに労働者を置いたままで、この基礎のうえに自己の力〔Macht〕をうちたてるのではなく、自己にふさわしい生産様式を、土台として自分のためにつくりだすのである。資本は、生産における労働者の一体化をつくりだすが、この一体化とは、さしあたりはただ、共通の場所で監督者たちのもとで〔生じる〕、一元的支配、規律の強化、〔労働の〕恒常性、生産そのもののなかで措定された資本への従属、にすぎないであろう。」(Gr.,S.478.補足〔〕は訳文のもの)
「労働者の協同〔Association〕-労働の生産性の基礎的条件としての協業および分業-は、いっさいの労働生産力がそうであるように、……資本の生産力として現われる。だからこそ、労働の集合力〔Collectivkraft〕が、労働の社会的労働としての性格が、資本の集合力なのである」(S.476)。
「労働諸力の結合(規則正しい労働様式をもっての)と科学力〔wissenchaftliche Power〕の適用が優勢であり、ここでは、労働の結合およびいわば労働の共同的な精神が機械等々のなかに移されている」(S.477)。


労働の相互のつながり、労働の社会的紐帯が、労働者に対して、直接他者の力として向かっています。機械システムを中心とする協業の全体が、労働者にとって他人の領域として、他人の私有物の力として、他人と富として、対立しています。労働者自身の一体性が、労働者によって社会的に制御されることなく、労働者の外部の威力として、つくりだされています。

労働する諸個人にとって、およそ労働の生み出す連関のすべてが、自分自身のなかに根拠をもたないような、彼自身の統一性・有機的諸条件ではないような、外からやってくる威力です。

市場は、労働者を社会を失った解体された個人として想定しつつ、労働者自身の社会的集合力をつくらざるをえない。社会的集合力は、労働によってつくられながらも労働者を排除する社会的力です。社会的力が労働者を排除。(続く)
by kamiyam_y | 2007-09-06 01:50 | 資本主義System(資本論) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/6893470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]