さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

資本を売買する資本3 株主でも経営者でもなく

(続き)

弱小株主階級の革命はありえない。株主総会民主主義とは、私的所有の集積に、金力に、株主の投票力が比例する民主主義だからです。弱小株主の独自利害を守るための団結は阻止されます。個人大株主が弱小個人株主を支配する。分散した小株主は団結することなく、一部の株主が支配する。しかしこの個人大株主も会社という株主に道を譲る。巨大な私的所有が弱小私的所有を飲み込んでいくプロセスの側に反民主主義的生産増大の革命があります。

この株主階級全体に対して経営者階級は立ち上がります。株主のためだけでなく、われわれは地域にも、自治体にも、消費者にも、従業員にも配慮している。われわれは社会的なんだぞ、と。われわれは社会的だから、企業売買ビジネスとも増配ポーズとも闘う。

もっと鋭敏な経営者哲学者ならこういうかもしれません。われわれは権力をゆだねられている。われわれはとても強大な権力を持っていて、環境も労働者も破壊してしまう危険な存在だ。しかし、株主による信任だけではわれわれの権力は制御されえない。

市場がわれわれの権力をコントロールするというのなら、それは願望だ。株主資本主義は労働者に対して過酷ではないか。利益や株価でもって市場が罰してくれるなら、環境破壊なんて起きない。市場が企業経済にルールと責任を整備させる裁判官になるのだとしたら、それはすでにわれわれの社会的力を前提している。

しかしまた鋭敏な私的所有哲学者ならこう切りかえします。あなたたちの権力が社会的であるとしよう。しかしそれは独裁政治が担保する社会的利益でしかないのではないか。労働者も市民も消費者もあなたたちの権力にどんな民主主義的承認を与えたのか。株主による信任以外にどんな承認があるというのか。

いやいや、民主主義国家による法的規制をたくさん受けているのだから、社会性が認知されているのだ、と経営者哲学者。

しかし、あなたたちの権力は独裁であり、この権力はまさしく労働者主権の否定によるものであり、株主が権力を独占していることではないのか。私有財産が独裁に転じている。

私的所有哲学者はこうして自分を否定し、経営者哲学者も自己否定的なことをしゃべっているのでした。

哲学者には引っ込んでもらうとして、経営者階級の闘争には闘争相手が存在してません。株をもっているのがこれまた会社なわけですから。会社の経営者が会社を通じて会社の株をもつ。

もちろん経営者階級なんてものも存在していません。彼ら自身企業のカネの歯車です。

経営者は自分の財産を企業として使っているわけではなく、労働者です。となると、株主階級も経営者階級も会社階級もすべて崩壊し、資本主義とは、労働者階級の内部闘争ではないか。諸個人の労働における自己疎外が社会関係において実現しているだけではないか。

(続く)
by kamiyam_y | 2007-07-31 23:59 | 資本主義System(資本論) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/6606089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]