さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

紹介

豊秀一『国民投票 憲法を変える?変えない?』(岩波ブックレットNo.697)。

なぜ憲法は安易に変えられないように設計されているのか、改憲を国民主権の回復だとする戦前回帰的主張に対して憲法の社会理論的意味がどこにあるのか、住民投票とどこが異なるのか、法案の問題点がどこにどのようにあるのか、短いので不十分な点はありますが、すぐに読めて参考になるものの1つに挙げておきます。
by kamiyam_y | 2007-04-22 20:08 | 民主主義と日本社会 | Trackback
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/5934210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]