さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

ネズミとお菓子工場6 週刊朝日の仕事

▽ 関西テレビの謝罪会見のいやらしさというべきでしょう。

週刊誌記者の日記: 関西テレビ asahi.way-nifty.com/asahi/2007/01/post_aad0.html

週刊朝日のスクープをつぶすために、その取材内容をあたかも自分たちの発見であるかのように装って謝罪会見したようです。謝るのも週刊朝日に報道されたからではないとしたいらしい。

それからこの記者が書いているように、新聞が週刊誌によるスクープを追いかけるときに、元ネタの雑誌名を隠すのは、どんなもんか。少なくともその行為自体は、他人の仕事に対する敬意に欠けていると評されてもしかたない。

謝罪会見を「スクープ報道潰し」と批判した日刊ゲンダイの記事は、1月23日号の《突然の社長会見の姑息》。

▽ 関連して、朝日新聞1月27日朝刊《健康情報「踊らされぬ目を」》という記事に紹介されてた小内亨医師のサイト。

健康情報の読み方 http://www.page.sannet.ne.jp/onai/

「怪しい言葉」のコーナーで「血液を浄化する」「自然治癒力」といった宣伝文句のいかがわしさを説明してます。小中学校の理科を徹底すれば欺されないはずですが、こういう一見科学的にみえ流行で使われ出す言葉には私たちは欺されやすい。懐疑精神はこういう言葉に対して発揮されねばなりません。

この朝日の記事では情報の信頼性を見抜くための鍵をいくつか示しています。検討のため引用します。

①《国立健康・栄養研究所の梅垣敬三・健康食品情報プロジェクトリーダーは、「どんな食品も、濃縮などしないかぎり、特別な効果が出るほど特定成分を摂取するのは難しい」と話す。同じ食品ばかり食べると、健康に必要な他の成分が不足する。食材をバランスよく取ることが大切だ》。

②《ある研究で効果が報告されても、「一つや二つの論文で科学的証拠として固いというのは早すぎる。多くの研究で結果が同じであっても将来覆されることさえある」(梅垣さん)という。》

引用文①は、言われてみれば当り前。特定成分は多くの成分のうちのわずかなものですから。特定成分をとるという矮小化された目的で、健康にいいという宣伝文句につられて買った食品に特化して食生活を続けると、その特定成分が与えるかもしれない未知のマイナスの影響や、他の成分によるマイナスの影響を被るリスクを高めます。もちろん成分全体のバランスが大きく崩壊します。

引用文②は、ある成分が心身に対してある効果を有する、ということを実証する研究が数年にわたって複数本学術論文で発表されたとしたって、暫定的に扱われ、断定できないこともあるんだよ、それくらい厳密な研究は厳しい、ということです。

お気楽なバラエティー番組の実験もどきの見せ物で「証明」などありえない話でしょう。

テレビを観て翌日スーパーに駆け込むこともそうですけど、サラリーマンが自己啓発本にはまって、自分を肯定しよう、自分の脳を大切にしよう、心の持ち方でカネが増えて負け組になりませんように、とかヘンな念仏を唱えることもオカルトや疑似科学の類。「自由貿易」「規制緩和」「伝統」「規範意識」とかいう呪文はもっと影響力が大きい。

懐疑精神を自覚することが重要なのは納豆食い過ぎをとめるにとどまるものではありません。国政上の詐欺師や山師たちによるメディア操作を見抜くことにこそ、リテラシーや学問的批判精神の意義もあります。

消費者がリテラシーを高めることも必要であって、そのための消費者教育・啓蒙も今以上に充実が求められているわけですが、問題は消費者としてのありかたにとどまってはおらず、社会を構成する市民としてリテラシーを鍛えることではないでしょうか。大きくまとめてみました。

もう一つ大風呂敷を拡げますと、〈食の安全〉問題という形でも、社会的生産過程の社会的な制御の重要性が露わになっています。公共的に情報を集積していく活動の発展はこの意味で捉え返すのが社会展望上大事かと。

「健康食品」の安全性・有効性情報
独立行政法人 国立健康・栄養研究所 : トップページ
by kamiyam_y | 2007-01-30 11:58 | メディア資本と情報化 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/5398893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]