さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

裁判官の良心と検察の歪んだプライド

裁判官がまともらしくよかったです。
 
痴漢容疑で現行犯逮捕された高校生に、家裁が不処分の決定という記事です。

asahi.com:痴漢容疑で逮捕の高3「無罪」 東京家裁支部が不処分-社会 2006年12月04日から。

「久保田優奈裁判官は『供述調書は内容が一貫しておらず、捜査当局がでっち上げた可能性がある』と指摘した」

「少年は警視庁成城署で、『認めなければ10日間、勾留(こうりゅう)され、学校には行けない』と言われたという。『10日も学校を休めば、痴漢で逮捕されたことも明らかになり、卒業できない。認めれば、釈放され、裁判所で処分を受けても学校には分からないだろう』。言われるまま、供述調書の作成に応じた」

「久保田裁判官は『調書は事実を記載したものではなく、捜査側が考案した内容である可能性が払拭(ふっしょく)できず、信用できない』と指摘。少年の供述の変遷についても、『卒業できないと言われて認めたが、その後、無罪を主張したという経緯は合理的で信用できる』として少年を不処分とした」

「成城署の仲村鶴美副署長は『裁判所の決定文をまだ見ていないのでコメントは控えたい。適正に捜査したと考えている』と話した」

ナイスです、久保田優奈裁判官。それに対して警察のコメントは反省なし。何で司法を尊重しないんでしょうね。

無知な高校生を脅して、点数稼ぎか知りませんが、けしからんです。冤罪を生みだす土壌は厳然としてあります。

森秀樹『主権者はきみだ』(岩波ジュニア新書)をめくったら、「裁判官の中には『自白は証拠の王』という戦前以来の考えかたをもっている人が少なくない」とありました(「罪つくりの罪」)。これが本当なら、警察による誘導尋問、自白強要に対して、裁判所も人権を守るどころか、人権侵害に加担する危険があることになります。

憲法 第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。
by kamiyam_y | 2006-12-04 22:03 | 民主主義と日本社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/5082225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from AAA植草一秀氏を応援す.. at 2006-12-06 19:25
タイトル : 植草一秀氏:意見陳述書(プレス用)
本日初公判での植草一秀氏の意見陳述書(プレス用)を入手いたしましたので公開します。 意見陳述書             平成18年12月6日 東京地方裁判所刑事第2部 御中 被 告 人  植  草  一  秀  私は、平成18年9月13日夜、ある宴席に出席し、その場での特別な事情もあり、 お酒を大量に飲みました。 その結果、しばらくして強烈な睡魔に襲われる酒酔いの状況に陥り、 このことが私が今回の事件に巻き込まれる一因になりました。 その結果として、これまで私を支援し...... more