さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

子供の権利と外国人労働者

こんどはキッチンシンクの排水口のなかから何かの芽が出てきました。果物か穀物か。これは水を吸っているのでエアプラントとは言えません。まいったな。

-----------------------------------------------

安倍も小泉も参拝すべし

今朝の朝日の一面、旧厚生省による合祀案の記事でした。

asahi.com:靖国合祀、国主導の原案 「神社が決定」に変更-社会

 
……「厚生省が合祀者を決めて神社に通知する」「合祀事務の体系は(靖国神社が国の管理下にあった)終戦前のものに準じる」と記している。新憲法の政教分離原則に触れる疑いが濃く、……


靖国運営が軍の業務であった戦時下の体制を引き継いでいるわけですから、疑いが濃いどころか、明確に戦後憲法と抵触してます。

靖国といえば、総裁戦で谷垣が「消費税引き上げ」「アジア外交重視・靖国参拝停止」を掲げて立候補表明しました。

asahi.com:谷垣氏が立候補表明、麻生氏も意向表明 自民総裁選-政治

消費税はあとからこっそり引き上げるより、最初から明言している方が正直。アジア外交修復も対立軸が鮮明かとは思いますが、どうせ安倍になるなら安倍で、その本性を明かしてもらったほうがいいかとも最近かんじてます。

『月刊現代』8月号の国平修身「政界ディープスロート 『安倍総理』へ」によると、小沢・民主党としては、阿倍のほうが対立軸がハッキリして組みやすい、という意向があるようです。「来年の参院選」で「自公を過半数割れに追い込める」と小沢が語ったよう。わからなくもない。

グローバリゼーションと子供の権利

同『現代』は他にも読んで損のない記事がありましたが、とくに姜誠「『外国人GAKKOUが浮き彫りにする『ご都合主義』」が、海外に国籍のある日本の住民の子どもたちが、教育を受ける権利を実現できないことについて問題提起をしていて、面白かった。現状は放置。外国人の子供に対して教育の機会を制限しているのはまったく時代遅れです。
by kamiyam_y | 2006-07-29 15:23 | 現代グローバリゼーション | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/4242791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 英語の本を原書で読みたい! at 2006-07-29 23:37
タイトル : 谷垣さん出馬のアメリカの記事で英語を勉強!!
アメリカのニュースで英語を勉強しようと思うのですが、谷垣さんについてのニュースがありました。アメリカから見た靖国神社の印象なども書かれており興味深い記事です。 Japan's finance minister runs for premier runs for premierは、「首相に出馬する」だと思いますが、谷垣さんって財務大臣だったのですね。知りませんでした。 TOKYO - Japan's finance minister on Thursday became the fir...... more