さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

保護者・来賓も思想・良心の自由を制限せよ、という馬鹿話

ここに頂いたトラックバック、★遊牧民★のメディア棒読み!:アホな議員の質問と、アホな教育長の答弁!(戸田市議会)によると、民主党(民主クラブ)の高橋秀樹という議員が戸田市議会で、すごいことを言っています。一部引用させていただくと、

--------------------
(高橋)学校の式典で国歌斉唱の際に起立しない保護者や来賓について教育委員会としてどのように指導してきたかお伺いします。……保護者や来賓であったとしても教育の現場であり、児童生徒への指導上の問題もあります。思想信条はあると思いますが、式典に協力しないのは大変失礼で、きわめて不謹慎な行動といわざるを得ません。
教育基本法の改正が叫ばれ、日本を愛する心を育む教育をせよという声が大きくなっている昨今であります。
このようなことを放置すれば教育現場から教育が崩壊していくひいては日本国家の崩壊につながりかねない、ゆゆしき問題であります。
--------------------

失礼なのは、わざわざ来た保護者を起立強制の対象としか見ない学校ですわな。子どもに悪影響を及ぼさないよう、こちらも統制しましょう、ってことですね。学校という国家権力が、保護者や来賓の思想信条の自由に優位することを主張しているともいえます。

むろん思想信条の自由をいったん侵害したら、教員も生徒も、保護者も来賓も同じですから、これはありうべき事件。

それにしても、「日本国家の崩壊」って、この高橋という人の頭のなかは妄想で埋め尽くされているようです。たかだか学校の式くらいで、気持ちの悪いこと言う人がいるものです。
by kamiyam_y | 2006-06-23 23:46 | 民主主義と日本社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/4058407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ★遊牧民★のメディア棒読み! at 2006-06-27 03:23
タイトル : 【続報】アホな議員の質問とアホな教育長の答弁!(戸田市議会)
★遊牧民★です。複数のMLに配信しておりますので、重複した場合はご容赦願います。 6月17日午前4時ごろ、遊牧民が複数のMLと自分のブログに配信した「アホな議員の質問と、アホな教育長の答弁!(戸田市議会)」 要旨は~6月13日の戸田市議会 ”学校行事での国歌斉唱において起立しない保護者や来賓を「思想信条はあると思いますが、式典に協力しないのは大変失礼で、きわめて不謹慎な行動といわざるを得ません」と高橋議員(民主)が発言し、伊藤教育長も「質問のような事実があるとすれば教育上子供たちの与える影響等を考...... more