さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

My Latest Favorite Music

まともな野田聖子をつぶそうとする安倍は汚い。

難民の受け入れは、人間の「尊厳」をあまねく、普遍的に守ろうとするドイツ人民の先進的な取り組みです。難民を襲うヘイトスピーチ・ヘイトクライムに対して毅然として立ち向かう姿勢を評価したい。

対して、日本の現状はわびしい。

街のエスカレーターで、前に立つ女子のリュックに、SEALDsのタグ・ワッペンがついているのを見ました。ロゴ・紋章とともに、"War is over"という合い言葉も印刷されていて、「戦争は古い」という理性的認識と、憲法9条の戦争放棄の宣言の尊さ、それを守ろうとする意思の尊さを感じました。女子大生のリュックにそのまま違和感なくつけられるアクセサリーを生み出すデザイン力の高さも偉いところです。

NHKFMのMISHA 星空のラジオで先週、ゲストの三輪明宏とミーシャが憲法の平和主義の大切さを熱く語っていて、面白かった。今の若い人は昔と違って、美しい顔をしている、それは平和の顔だ、という三輪の発言に納得させられたんですけど、そこには三輪自身の戦時下の体験にもとづく文明批評が貫かれていると思いました。軍事産業と原水爆を批判する「悪魔」という曲などがオンエアされてました。今日これから続きが放送されます。

私の安いMP3プレーヤー、そういう操作をした記憶がないんですけど、最近ランダム再生になっていて、意外と面白かったり。私以外聴けないわけですけど、みなさんそういうのありますよね。いや、音楽まったく聴かない人もいるから、そうきめつけちゃいけませんね。SHAKALABBITSの久々のシングル(DISCOGRAPHY | SHAKALABBITS OFFICIAL WEB SITE)にテンション上がり、しばらくしてからストレイテナーの新曲がきて、また何曲か後に元ちとせを心静かに聴く。

道新の8月10日の夕刊に、元ちとせChitose Hajimeストレイテナーホリエアツシのインタビューが出てました(6面)。どちらも新譜は「戦争反対」「平和」がテーマ。ホリエさんて、長崎出身なんですね。元ちとせは、「平和元年」"Heiwa Gannen"。ユーミンの「スラバヤ通りの妹へ」などがカバーされてます。Straightenerは「NO ~命の跡に咲いた花」。
Amazon.co.jp: 平和元年: 元ちとせ: デジタルミュージック
Amazon.co.jp: NO ~命の跡に咲いた花~: ストレイテナー: デジタルミュージック

今日取り上げた人、1人が奄美、3人が長崎県出身。

by kamiyam_y | 2015-09-08 18:39 | 近況報告/純私的日記