さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

「知の自律性」

声明文に「人類の普遍的な知識を追究する場」とある通りです。自由な学問を抑圧するのはつねに人間個人の尊厳を認めない国家主義の横暴でした。自由な民主的社会としての発展にとって学問の自由は不可侵の人権です。政治による国家主義的イデオロギー的介入は、「知の自律性」という現代社会の大原則に対する重大な侵食にほかなりません。

署名数は、5日時点で、1330人。

学問の自由を考える会ホームページ
by kamiyam_y | 2015-05-12 21:27