さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

ディカプリオの演説から―革命の革命

ディカプリオが産業界による生態系破壊を「ただ乗り」と批判しています。
ディカプリオ「今こそ行動を」首脳や経済界に迫る 気候変動サミット ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

さらに「生態系が壊れれば、経済自体が死に絶える」と経済界に苦言。石油や石炭、ガス会社への補助金を廃止し、「自由市場経済の名の下で、大気の汚染者である産業界が与えられてきた“ただ乗り”(の特権)に終止符を打つべきだ」と語気を強めた。


国連事務総長とともにデモに参加。
世界の雑記帳:NYで過去最大の温暖化防止デモ、ディカプリオさんやゴア氏も参加 - 毎日新聞

企業と産業はなぜ生態系に配慮しないのでしょうか、またなぜ現代において配慮を要求されるのでしょうか。

第1に、商品の無政府的システムが生態系をその関与から落とすからです。商品生産において、価値に転換する労働以外社会的費用ではなく、環境という協同態は空気のようなものです。情報化しません。配慮されません。

商品生産は、商品流通が私的諸労働を社会的総労働にまとめあげるシステムです。単純化していえば、私的諸労働は、価値に対象化する人間労働力の支出=抽象的人間的労働としてのみ社会的性格を与えられていて、私的主体の行動は、価値という超感覚的な社会的な力の宿るものとして自然物を崇拝しつつ(といっても人間の上に立つ神としてではなく、人間の下にある物としてですが)、商品の代わりに五感をもって欲求し、商品の人格化として契約することだけです。私的利害のためにのみ、相手の利害を考慮するという私的利害、社会的利害を手段にする私的利害が行動のなかみ。

第2に、商品生産は、資本主義的生産として実現し、資本主義的生産は株式会社として私的諸労働を完成するからです。それによって生態系が破壊され、破壊は逆にその再生のための社会的共同管理を要求します。共同管理のないシステムから共同管理を内面化した社会的労働のシステムへの変換が課題です。

価値増殖そのものを商品の有用性とするような独自の商品が、資本主義の根源的1事実でした。この商品すなわち商品としての労働力を資本が消費することによって、資本という価値の飽くなき増殖のシステムが実現します。諸個人はあらゆる対象的諸条件から、対象にかかわる自己から、対象としての自己から、活動する自己、自己の類的本質から疎外され、システム総体は彼らに制御されずに、彼らを労働力という物として消費しつつ、自己肥大化をグロテスクに遂げていく物象的世界です。物象的世界は、物象が私的主体でありながら社会的対象を形成していく物象の自己疎外、自己と化した物象化した生産関係の自立態が諸形態を自己から区別しつつ自己同一を貫く総体化プロセスとして実現します。

価値増殖という資本の内的本性は、資本相互のその強制として実現し、資本は生態系に無関心です。

しかし、巨大な社会的労働を具備した株式会社においては、それが社会的労働過程であることも、その破壊的な社会的影響力も誰の目にも明らかですから、生態系を無償で取得できる生産力として消尽し破壊することが、諸個人が社会的諸個人として協同的に解決すべき問題として現れます。

いまや世界市場において資本の世界が総体化し、これを諸個人自身の総体化に転換すること、自立的な資本の力として実現している社会的労働のシステムを奪還すること、彼らの制御のもとに服属させることが課題になります。地球規模で生態系の保全を求める声が高まっているのも、まさに諸個人による世界的労働過程の協同的制御が現実の当為となっているからです。
by kamiyam_y | 2014-09-28 23:24 | 現代グローバリゼーション