さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

相対的過剰人口論によるマルサス『人口論』批判

マルサスの『人口論』は、フランス革命の民主的な機運がイギリスに拡がったときに、それに対して生じた保守反動的頭脳の衝動であって、地主階級の土地所有・農地権益の人格的表現として、保護貿易、農業保護を主張した本です。

この有名な書物の中心的シェーマは、「算術級数的」食料生産と「幾何級数的」人口増大ですが、この図式というのは、『資本論』に出てくる転倒的諸観念を思い出して考えるとよいでしょう。商品の物神崇拝、「労賃」形態による剰余価値の隠蔽、剰余価値の利潤への転化による剰余価値の隠蔽、利子生み資本における利潤と利子の質的分割、「三位一体的定式」など、資本主義を正当化する物神性は、生産関係という媒介を捉えない迷信的態度、対立的諸関係を自然とみる神話的諸観念を意味します。

「算術級数的」食料生産増加を所与の技術とし、労働者階級の生殖・「幾何級数的」人口増加と直接結びつけて、貧困を自然とみなす抽象は、労働する諸個人の生産諸関係という媒介を見失うことであって、貧困を神の掟、調和的世界として永久化しようとする物象的利害の表現であり、システムの弁護論の1つの典型です。

資本の蓄積過程論は、転倒的諸観念を資本自身が解体する、この解体を諸個人が理解するってことで、諸個人が奴隷状態に閉じ込められてはいないというたいへん根底的で、かつ穏やかな正しい把握です。

マルクスの相対的過剰人口論では、マルサス『人口論』に対して、資本の蓄積運動が資本の平均的増殖欲求に比して労働者人口を過剰化することが対置されます。相対的剰余価値生産の諸方法、生産力の増大が、労働者人口を過剰化し労賃の運動を蓄積の要求内に限界づける手段に転じて、蓄積を条件づける。資本主義的蓄積の法則は貧困の蓄積の法則として貫かれ、蓄積の媒介におかれて過剰人口の存在は、『人口論』的表層から脱出して現れています。

生産の諸関係において存立する過剰人口現象を、生産の諸関係から切り離して直接的に問題の起点にする点でマルサスは俗物です。対照的に、労働価値論によって古典派の神髄は学として偉大です。
by kamiyam_y | 2013-01-31 21:29 | 資本主義System(資本論)