さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

デモへ!Go!

泊が止まり、この列島の密集原発すべてを停止に追いこみ、労働者階級の日本における一つの勝利がもたらされた。人類史上の大きな栄誉を、このうえない悲劇の結果ではあれ、この地の人民は獲得した。

と思ったのですけど、もちろん甘くはない。勝利は一時的。すぐにまた野田総理による再開の強行がなされ、非倫理的な技術に固執しそれで利潤を得ようとする精神による反動がやってきたというわけです。

しかしこれまた反対の声がまたすぐに途絶えることなくあげられ持続していることが人類史的に、人民の力を証してすごい。

デモを自由にできる社会づくり、国づくりって日本社会にとってとてつもなく大きな前進だと思います。

めっちゃおもろしろいのは、SNSによる自主的・自発的な行動。ハードな組織の上からの動員もそれなりの意義はありますけどねえ、見て心を揺さぶられ、結集して連帯の高揚感を堪能できるのは、ネットを通した、ゆるやかに、かつ自主的・能動的に能動的にかかわれる「アソーシエイト」したデモ以外にはねえべ。

http://gendai.net/articles/view/syakai/137244

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012062302000162.html

http://mainichi.jp/select/news/20120623k0000m040067000c.html

写真はいろいろアップされてますけど、年齢層に幅があって、若い人が自由に参加しているのがほんとうにすばらしい。

http://mainichi.jp/graph/2012/06/23/20120623k0000m040067000c/001.html

http://www.webdice.jp/dice/detail/3551/

Kaori Nawaさんの撮った写真に付された文章に「右からデモ」の感謝すべき偉大な活躍ぶりが書かれているように、脱原発のテーマだけに絞ってほかのイデオロギー、信条はいっさいがっさい問わないところが成功の鍵のように思えます。デモの自由よ、このニホン社会で、徹底して生きよ! 
by kamiyam_y | 2012-06-27 02:58 | 民主主義と日本社会