さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

公訴権の独占に対して

貨幣の流れに関して、「公開性」「透明性」を要求する声が高まること自体は、社会のそれなりの陶冶でしょう。とはいえ、恣意的な権力行使をこれは正当化するものではありません。

自民党代議士が西松建設からカネをもらい、その地元で西松が公共事業を受注しているケースがあるにもかかわらず、民主党小沢代表の公設第一秘書だけが政治資金規正法違反容疑で逮捕されたのは、やはり恣意的・裁量的なものといわざるをえず、小沢豪族が立派とはいわないですけど、公正性に欠けます。

横田一「自民から出馬を予定していた元秘書の胡散臭さ」、上杉隆「国会議員にも蔓延する不信感」、青木理「金額も罪状もお粗末」(いずれも『週刊金曜日』743号、3/20号)を読むと、こう評価するほかないように思えますね。また、青木の「リレー連載 新聞の通信簿」(『週刊現代』3/28号)も、日歯連事件や、三井環氏(『告発! 検察「裏ガネ作り』)の逮捕事件に触れ、この問題を論じてます。民主社会において公的権力の恣意的運用を防ぐこと、そのために権力を監視することの重要性をあらためて考えさせられるといいますか。

検察の異例の説明については、郷原信郎「ニュースを斬る 検察は説明責任を果たしたか」(『日経ビジネスオンライン』http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090324/189886/、2009/03/25)が、問題点をしっかり指摘しており、なかなか面白いです。書いてる人は、桐蔭横浜大学法科大学院教授で元東京地検特捜部検事。
by kamiyam_y | 2009-03-25 08:34 | 自由な個人の権利と国家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamiyamay.exblog.jp/tb/11173524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]